告白において、いまだに激しく後悔している玉砕エピソード9パターン


かなり勇気が必要な女性から男性への告白。しかし照れたり、焦ったりするあまり、「誤った方法で告白して玉砕」というパターンに陥りがちです。そこで『オトメスゴレン』の女性読者に「告白において、いまだに激しく後悔している玉砕エピソードは?」というアンケートを実施しました。同じ失敗をしないよう、ぜひ先人の体験談をお読みください。

  • 【1】よく考えたら好きでもないのに酔った勢いで告白してしまった

    「相手をその気にさせてしまうので後始末が大変」(20代女性)というように、酔った勢いで告白した失敗パターンです。男性が恋人気取りをしてきた場合は「記憶にないけど、酔っ払ってたので変なことを言ってしまったかも」と素直に謝ると良いでしょう。

  • 【2】恥ずかしいので軽いノリで告白したら本気にとられなかった

    「相手もバカにされてる感じがしたんでしょうね」(10代女性)というように、軽いノリで告白した失敗パターンです。せめて「恥ずかしいからこういう言い方しかできないんだけど」と前置きすると逆に可愛らしい告白だととらえてくれるかもしれません。

  • 【3】相手に彼女や好きな人がいることを知らずに告白してしまった

    「先に『彼女いるんですか?』と聞けば良かった…」(20代女性)というように、相手にパートナーがいると知らずに告白した失敗パターンです。あるいは「彼女はいないけど、片想いの人がいる」可能性もあります。周囲の人にそれとなく聞くなど、相手の状況を事前に調べたほうがいいでしょう。

  • 【4】長い間友達だった人に告白して冗談だと思われてしまった

    「友達としての期間が長すぎると難しいですよね」(20代女性)というように、長い付き合いの友達や同僚に告白した失敗パターンです。仲の良さを活かし2人きりでのお出かけを増やすなど、自分の好意を小出しにすることで相手にも心の準備をさせると良いでしょう。

  • 【5】緊張しすぎて言いたいセリフをど忘れしてしまった

    「結局何を言いたいのか相手に伝わってなかった」(10代女性)というように、緊張でセリフが抜けて告白が失敗したパターンです。口頭で告白するつもりでも、手紙を書いておくなど、うまく伝えられなかったときの用意をしておくと良いでしょう。

  • 【6】古風に手紙で告白したら返事がなかった

    「重いと思われたのかもしれないし、そもそも相手が手紙に返事を書くようなタイプじゃなかった…」(20代女性)というように、手紙で告白して失敗したパターンです。手紙の最後に「続きはウェブで」とメールアドレスのQRコードを添えるとお茶目かもしれません。

  • 【7】友達を使って人づてに告白して想いがうまく伝わらなかった

    「仲介する人のコミュニケーション能力やキャラで結果が違うのでギャンブル」(20代女性)というように、人づてに告白して失敗するパターンです。協力を頼むなら、好きな男性と親しい人物にお願いするのが基本ですが、いきなり「告白」をサポートしてもらうのではなく、相手と仲良くなれるように仲立ちしてもらうのも良いでしょう。

  • 【8】知り合って間もなく告白して惚れやすい女だと勘違いされてしまった

    「実際惚れやすいんですけど、展開が早すぎて信用されない」(20代女性)というように、告白が速すぎて失敗するパターンです。「私は惚れやすいけど一度付き合うと長続きするんです」と「一途な女」であることをアピールするとバランスが取れるかもしれません。

  • 【9】面識のない一目惚れの相手に告白して怖がられてしまった

    「電車で一緒になる人に告白したらびっくりされてそれっきり」(10代女性)というように、面識のない人に告白して失敗するパターンです。気になる相手とは、まず接点を持つことを目指し、なんでもいいので世間話ができる関係になることを第一目標にすると良いでしょう。

「告白において、いまだに激しく後悔している玉砕エピソード」には、ほかにどんなものがあると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)
Photo:All images by iStock