仕事一筋な男性が理想とする「結婚相手」9パターン


仕事第一な男性は、結婚や恋愛に疎い印象があります。しかし、どんな男性でも少なからず結婚願望はあるものです。そこで、今回は仕事一筋な男性に聞いた、理想の結婚相手についての意見を紹介します。仕事一筋な男性が好きな人は、要チェックです。

  • 【1】仕事と家庭の大切さを天秤にかけて比べない。

    「仕事と家庭は比べられないって、わかってほしい」(20代男性)と、どちらも大切だということを、女性にも理解してほしいと思う男性は多いようです。「仕事と家庭どっちが大事?」という一言は男性の負担になるだけなので、言わないようにしましょう。

  • 【2】男性の仕事に関して口を出さない。

    「家でまで仕事のことを口うるさく言われると、やる気が無くなる…」(20代男性)と、仕事に対して口出ししてくることに、煩わしさを感じる男性もいます。文句や説教ではなく、「今日も頑張ってね」と応援をすれば、男性も気合が入って頑張れるでしょう。

  • 【3】残業や飲み会で帰りが遅くなっても怒らない。

    「『遅くて寂しい』って言われると、プレッシャーに感じる」(30代男性)と、突然の残業などで帰りが遅くなることを責められると、男性は困ってしまうようです。男性が帰ってきたら、笑顔で「お疲れさま」と言うだけで、残業の疲れも解消されるでしょう。

  • 【4】料理が得意で、おいしい夕飯を作ってくれる。

    「早く家に帰りたくなるし、仕事の活力になる」(20代男性)と、男性にとって奥さんの手料理は、仕事も家庭も円満に進めるために欠かせない要素と言えそうです。料理の腕を磨いて自慢のごはんを振る舞い、彼に「結婚したい」と意識させてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】家族や家庭作りに対する価値観や考えが男性と近い。

    「職場で争い事が多いから、家では同じ価値観の奥さんと平和に過ごしたい」(30代男性)と、家庭内でのいさかいを避けるため、価値観を重視する男性もいます。まずは、気になる男性の考えを知るため、「子どもは何人欲しい?」など、家庭について聞いてみるといいでしょう。

  • 【6】仕事中、緊急時以外はメールや電話をしてこない。

    「仕事中は返信できないし、正直ちょっと面倒…」(30代男性)と、仕事中に女性から送られてくる他愛もないメールを、面倒臭く感じる男性もいるようです。仕事が終わるタイミングで「今日もお疲れ」と送れば、途端に好印象なメールになるでしょう。

  • 【7】家で虫が出てきても、自分で退治できる。

    「家に1人のことも多いだろうから、たくましくあってほしい」(10代男性)と、1人で何でもできるタフさを持った奥さんを求める男性もいます。かよわさだけでなく、ときには機械の配線や虫退治などで、頼もしい部分も披露すると男性が見直してくれるかもしれません。

  • 【8】一度でも社会人として働いた経験がある。

    「経験があれば、働く辛さを共感してくれるはず」(30代男性)と、働く上での心構えや大変さを知っている女性に、奥さんになってほしいと思う男性も多いようです。男性といるときに仕事のやりがいの話をすると、男性が一目置いてくれるかもしれません。

  • 【9】男性より早く目を覚まし、起こしてくれる。

    「笑顔で起こしてくれたら一日頑張れる」(20代男性)と、明るく一日をスタートさせてくれる女性を探している男性もいます。別々に住んでいても、「ちゃんと起きられた?」というメールで男性を起こしてあげれば、男性が2人での生活を意識しだすかもしれません。

「仕事一筋な男性が理想とする『結婚相手』」には、ほかにどんな要素が考えられると思いますか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock