長年の片想いを実らせるきっかけとなった行動9パターン


片思いの期間が長くなれば長くなるほど、男性にアプローチするのが怖くなってしまうもの。でも、何もしなければ想いは実りません。そこで今回は、長年の片想いを実らせた『オトメスゴレン』の女性の読者の方に、「長年の片想いを実らせるきっかけとなった行動」を教えていただきました。

  • 【1】メールを送り合うことをお互いの日課にする。

    「ただの『おはよう』メールでもいい。毎日続ければお互いの存在が大きくなる」(20代女性)のように、コツコツとメールし続けた人もいます。メールが日課になっているからこそ、連絡がないときに男性が不安になり、女性の存在の大きさを自覚することもあるようです。

  • 【2】好きな人の周りにいる人とも仲良くし、一緒に会える機会をつくる。

    「遠くから見てるだけじゃダメ。いつでも近くにいられる存在にならないと」(10代女性)のように、一緒にいられる時間を増やした人もいます。近くにいることに満足せず、熱い視線を送りながら積極的に話しかけるなど、想いをアピールし続けましょう。

  • 【3】男性の具合が悪いときには、ほかの予定をキャンセルしてでもお見舞いに行く。

    「病気の男性は、やさしさに弱くなっている。」(20代女性)のように、お見舞いが恋愛成就につながるケースもあるようです。恩着せがましくならない程度に、ほかの予定より優先したことをアピールするとより想いが伝わるでしょう。

  • 【4】ほかの男性に誘われているなど、「モテ女エピソード」をさりげなくアピールする。

    「よそでは結構モテていると聞かされると、焦るみたい」(20代女性)のように、モテエピソードで男性の気を引くことに成功した女性もいます。自分に好意があると確信している男性ほど、ほかの男の影が脅威になるようです。

  • 【5】男性の好みにあわせイメチェンを繰り返す。

    「野外フェスが好きな男性にあわせ、服装をアウトドア風にした」(20代女性)のように、興味を引くためにイメチェンした人もいます。どんな服装や髪形が好みなのか男性から聞き出し、「一緒に出歩きたい」と思ってもらえるスタイルにするといいかもしれません。

  • 【6】男性の趣味を聞き出し、同じ趣味に挑戦してみる。

    「サッカー好きの男性のために勉強。一緒に観戦に行けるようになった」(20代女性)のように、男性と同じ趣味に挑戦した人もいます。たとえば、サッカーや野球などで同じチームをひいきすれば、意気投合しやすいかもしれません。

  • 【7】男性の夢を聞き出し、応援すると宣言する。

    「国家資格を目指して勉強中の彼。周りの友達が就職し、焦っているときの応援メッセージが刺さったみたい」(20代女性)のように、応援宣言が胸を打つこともあるようです。資格取得など孤独な戦いを強いられている男性には、嬉しいサポートとなるでしょう。

  • 【8】猛烈にアピールしつつ、ときどき引いてみる。

    「アピールをやめたら、なんだかさみしくなったみたい」(10代女性)のように、身を引いたことがきっかけで、女性の存在の大きさを男性が自覚し、恋仲になることもあるようです。想いが一方通行だと感じたら、一時的にアプローチをやめてみるのもいいかもしれません。

  • 【9】「○年前から好きです」など、長い間想い続けてきたことをアピールする。

    「引っ越す噂を聞いて、『振られてもいいから』と思い告白。今、その彼は旦那さんになりました」(20代女性)のように、ダメ元で想いを伝えた人もいます。思いの丈を伝えるために、どれほど長い間想い続けてきたのかを伝えると、より男性の胸に響くでしょう。

ほかにはどんな行動が、「長年の片想いを実らせるきっかけになる」と思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock