なんだか恋に疲れたな…と自分を見つめ直してしまう瞬間9パターン


まじめに恋愛と向き合う人ほど、知らないうちに心がすり減ってしまうのかもしれません。では、どんなときに女性は恋の疲れを感じるものなのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「『私、恋に疲れてるかも』と冷静に自分を見つめ直してしまう瞬間」をご紹介します。

  • 【1】ずっと片想いの状態のまま、相手への気持ちだけが強くなっていたとき

    片想い相手のことが頭から離れず、考え過ぎて疲れてしまうことがあるようです。「ダメだとわかっていても告白して、すっぱりあきらめます」(10代女性)など、思い切って行動に移すことも状況を打ち破るためのひとつの方法でしょう。

  • 【2】好きな人ができても「どうせうまくいきっこない」と思ってしまったとき

    過去の失恋などから自信をなくし、恋に対して気力を出せなくなることがあるようです。「友人の励ましのおかげで立ち直りました」(20代女性)など、周囲の温かい声に耳を傾ければ、自信を回復することもできるのではないでしょうか。

  • 【3】好きな男性の言動に注目して、いちいち喜んだり落ち込んだりしていたとき

    「好かれてる?」「興味ないんだ…」と、男性の言動に振り回されて疲れてしまうことがあるようです。「付き合ったら、こんなドキドキは味わえないと思うことにした」(20代女性)といったように、片想いのダイゴミと考えて楽しんでみるのもいいでしょう。

  • 【4】女性への興味が薄い男性にアプローチして、空回りし続けていたとき

    押したら引いてしまうような男性に対するアプローチが実らず、消耗してしまうことがあるようです。「答えを急がず、気長に接しようと決めたらラクになった」(10代女性)など、考え方を変えるだけで気分が切り替わることもあるでしょう。

  • 【5】好きな人に必死にアピールしていたのに、ふとメールを打つ手が止まったとき

    夢中で恋に突っ走っていても、ふと冷静になった瞬間に足を止めてしまうことがあるようです。「急に連絡しなくなったら、逆に相手からメールが来ました」(10代女性)など、距離を置くことも駆け引きのひとつと考えてみるのもいいでしょう。

  • 【6】忙しい彼氏となかなか会えず、無理して我慢を続けていたとき

    「忙しいから仕方ない」と気持ちを抑えることで、知らぬ間にストレスをためてしまうことがあるようです。「手っ取り早い解決法は友達にグチること!」(20代女性)など、深刻に悩む前に気持ちを吐き出すことが大切なのかもしれません。

  • 【7】彼氏とデートするのが面倒で、負担に感じるようになったとき

    彼氏の前でいい自分を見せようと張り切っていたのが、急に疲れて面倒になってしまうことがあるようです。「本を読んだり、趣味にも時間を割く」(20代女性)など、自分の時間を優先することで心に余裕を持たせるのもいいでしょう。

  • 【8】彼氏の言動に嘘がないか、やたらと疑うようになってしまったとき

    一度彼氏に嘘をつかれたことをきっかけに、疑心暗鬼となって疲れてしまうこともあるようです。「開き直って連絡しなくなった」(30代女性)など、強気の行動に出ることで、逆に彼氏がマメに連絡してくることもあるでしょう。

  • 【9】彼氏のやることにいちいちイライラするようになったとき

    付き合い始めの盛り上がりを過ぎると、疲れを感じて彼氏にイライラしてしまうことがあるようです。「一度距離を置いたら、好きな気持ちを再確認できた」(20代女性)など、無理せず自然に想いが高まることを待ってみるのもいいでしょう。

ほかにも「『私、恋に疲れてるかも』と冷静に自分を見つめ直してしまう瞬間」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock