彼女のいない男性が「結婚相手を見つけたい!」と思う瞬間9パターン


彼女もいない、結婚の予定もないという寂しい状況にあるとき。男性には、猛烈に「結婚したい!!」と思う瞬間があるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「彼女のいない男性が『結婚相手を見つけたい!』と思う瞬間」をご紹介します。

  • 【1】友達の結婚式に出席したとき

    「幸せそうな新郎新婦を見ると、無性に結婚したくなる」(20代男性)など、女性と比べて結婚式に執着がないと思われる男性も、結婚式に行くと何か思うところがあるようです。「最近結婚式に出た」という男性と、結婚観などについて話し合うと、あなたとの関係にも現実味を帯びてくるかもしれません。

  • 【2】一人で夕食にコンビニ弁当を食べているとき

    「味気ない食事をしていると、毎日誰かと食事ができる『結婚』に憧れます」(20代男性)など、コンビニ弁当の夕食が続くと、一人身の寂しさが身に染みてくることもあるようです。手料理をご馳走してあげると、家庭を持つ喜びを疑似体験させてあげられるでしょう。

  • 【3】転職や転勤で知り合いのいない場所に引っ越したとき

    「結婚すれば、どこに引っ越しても独りぼっちにならないんだよな…」(20代男性)など、気軽に遊べる友達もいない状況だと、どんな男性でも寂しさを隠しきれないようです。引っ越し先に遊びに行ったりすると、非常に喜ばれるでしょう。

  • 【4】時間はあるのに予定がない休日が続いたとき

    「結婚したら一人で時間を持て余したりしないんだろうな」(20代男性)など、すべきこともしたいこともなくダラダラと終わっていく休日に、焦りを感じる男性もいるようです。暇だという男性がいたら、積極的に外に誘い出してあげるといいでしょう。

  • 【5】友達のかわいい子どもを見たとき

    「結婚してたら、オレにもこれくらいの子どもがいるんだよな…と思うと複雑」(20代男性)など、子どもという存在は、頭ではわかっているつもりだった現状を嫌でも実感させるようです。子どもをかわいがる姿をアピールすることができれば、あなたとの子どもについても自然と想像するのではないでしょうか。

  • 【6】病気をして一人で寝込んでいるとき

    「看病してくれる奥さんがいたらいいのに、と思わずにいられない」(20代男性)など、病気をして弱気になり、結婚を夢見るケースです。「大丈夫?」と気づかうようなメールをしたり、お見舞いに行ったりすると、あなたとの結婚生活について考えてくれるかもしれません。

  • 【7】親から結婚について聞かれなくなったとき

    「諦められちゃったのかな、と思って逆に焦る(苦笑)」(30代男性)など、親が結婚話をしなくなったとき、本格的に焦りを感じはじめる男性は多いようです。「親が結婚話をしなくなった」と落ち込んでいる男性がいたら、チャンスだと思ってアプローチをしてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】元カノの結婚を知ったとき

    「未練があるわけじゃないけど、先に幸せになられると焦る」(20代男性)など、かつて愛した女性の結婚は、男性にプレッシャーとなって重くのしかかるようです。そういう男性がいたら、飲みに誘うなどして励ましながら、徐々に距離を縮めていくといいでしょう。

  • 【9】長く付き合った彼女と別れたとき

    「結婚するかもしれないと一瞬でも思っていただけにショック」(20代男性)など、結婚願望がある男性ほど、別れのダメージは大きいようです。寂しい男性は女性らしい優しさに弱いので、結婚がイメージしやすいよう、家庭的なところをアピールしてみてはいかがでしょうか。

ほかにも「男性はこんなとき結婚したくなる」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock