「どこか色っぽい女性」が心掛けている日々の工夫5パターン


男性から「いい女だな」と思われたければ、「色気のある大人の女性」を目指したいもの。世間の色っぽい女性たちは、日ごろからどのようなことに気を付けているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「『どこか色っぽい女性』が心掛けている日々の工夫」をご紹介します。

  • 【1】すべての動作を「ゆっくりめ」にする

    「動きが素早いと、どうしてもガサツに見えてしまうので、ドタドタしないよう心がけています」(20代女性)など、「所作」を心持ちゆっくりめにして、エレガントさを演出するパターンです。指先まで気を抜かず、丁寧な動きを心掛けて「優雅な女性」を演じましょう。

  • 【2】黒コンや涙袋メイクで「うるんだ瞳」を演出する

    「目の印象は全体を左右するので、黒のカラコンや涙袋メイクは必須」(10代女性)というように、「瞳」で色気を出すのも有効なようです。同時に、チークで「上気した頬」などを作り込むと相乗効果が期待できそうなので、とりあえずメイク技術に磨きをかけたいところです。

  • 【3】歯を見せずに静かに微笑む

    「歯を見せないようにするとミステリアスな微笑みになるらしいです」(10代女性)など、ギャハギャハと笑うよりも、意味深長な笑みを浮かべたほうが男性の興味をそそるようです。ただし、微妙な表情だとワケがわからないので、鏡に向かって「色気のある微笑み」を練習しておきましょう。

  • 【4】肌は「チラ見せ」、ボディラインは「くっきり」を意識する

    「ダボッとしたパンツなんかは絶対ダメ。体のラインを見せてセクシーさを出します」(20代女性)というように、服装で色気を見せつけるのはやはり王道でしょう。うなじを出す、Vネックで胸の谷間をチラ見せする、透け感のある素材で視線を集めるなど、いくらでも工夫ができそうです。

  • 【5】口数少なく、丁寧な言葉遣いでしゃべる

    「おしゃべりな女って色っぽく見えないので、余計なことは話しません」(20代女性)など、「話し方」にも気を使うと、色気をかさ増しできるようです。京都弁や博多弁など男性ウケのいい方言の話者であれば、あえて郷里のイントネーションでしゃべるのも、萌えを喚起するでしょう。

自分の容姿やキャラに合ったワザを試してみるといいでしょう。(雪村一花)
Photo:All images by iStock