「絶対モノにしたい」と思っている相手とのデートで男性が取る行動5パターン


なんとなく声を掛けただけなのか、それとも告白のチャンスを狙っているのか、男性がデートにかける意気込みは様々です。「付き合いたい」と思ってくれているのかどうかを見抜くためには、どんなサインに注目するといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『絶対モノにしたい』と思っている相手とのデートで男性が取る行動」をご紹介します。

  • 【1】なるべく遠方に出かけて、長い時間一緒にいようとする

    「『海鮮丼を食べに行こう』と車で2時間かかる港に誘ったりして、なるだけ長く一緒に過ごせるようなプランを強引に提案します(笑)」(20代男性)など、わざと長時間のデートを計画するのは、それだけ「本気度」が高い証拠なのかもしれません。こちらも悪からず思っているのであれば、目的地に到着するまでの間にたくさんしゃべって距離を縮めましょう。

  • 【2】些細なことでも共通項が見つかるたびに大げさに喜んでみせる

    「相手のことをよく知らないうちは、共通の話題を見つけて会話のきっかけを探すことが重要ですから」(10代男性)というように、「一緒に盛り上がれる話題」探しに注力する男性もいます。相手の意図に気づいたら、「実は私、サッカー結構詳しいよ」「駅前のカフェでバイトしてたことあるんだ」などとネタを提供し、会話作りに貢献したいところです。

  • 【3】海岸や夜景スポットなど、ロマンティックな場所でムードを盛り上げる

    「相手をその気にさせたければ、雰囲気作りが大事です。きれいな景色を眺めながら、とにかく口説きます」(20代男性)など、「恋愛」気分を後押しするため、場所選びにこだわるパターンです。「ここに連れてきたということは、そういう意味だろうな」と察したら、来るべき告白に備えて、余計なことを言わずに相手が口火を切るのを待ちましょう。

  • 【4】カウンターに並ぶ席などを選んで、できるだけ体を密着させる

    「勝負に出る日は、あえてカウンターの店を予約します。横並びになって体を寄せあえば、それだけで親密な感じになるので」(20代男性)というように、「横並びの席で体を密着させる」のは、男性にとって王道の「口説きテク」のようです。不快に感じないのであれば、流れに身を任せて、相手のペースに乗ってあげましょう。

  • 【5】相手が好きなものを聞き出して、次回デートの約束を取り付ける

    「『どんなスイーツが好き?』みたいな質問から、『じゃあ次回は話題のパンケーキを食べに行こうか』とデートの約束に持ち込みます」(20代男性)など、先々の予定をどんどん埋めていって、またデートするのが既定路線であるかのように振る舞うケースです。こちらも乗り気であれば、「パンケーキよりパフェがいいな」などと自分の希望をどんどん言いましょう。

自分もいいなと思う相手なら、狙いに気づかないふりをしつつも、敷かれた路線に付き合ってあげましょう。(雪村一花)
Photo:All images by iStock