かわいいのに「本命」には選ばれない女性の特徴5パターン


決して見た目は悪くないのに、どういうわけか男性から告白される機会が少ない人には、何か大きな問題があるのかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「かわいいのに『本命』には選ばれない女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】笑顔が少なく表情が硬い

    「顔立ちがキレイでも無表情だと魅力が半減します」(20代男性)など、たとえ容姿に恵まれていても、感情表現の乏しい女性は、近寄りがたい印象を与えてしまうようです。「かわいいのに惜しい」と言われがちな人は、表情筋をいつもの5割増しくらいで動かすように意識すると、「雰囲気変わった?」と驚かれるかもしれません。

  • 【2】ドタドタと歩き、動きがガサツである

    「あらゆる意味で雑な印象の子はやっぱりモテない」(10代男性)というように、所作に品がないせいで、恋愛対象外とされてしまうパターンです。仕草がガサツなだけでなく、バッグや財布の中身がぐちゃぐちゃなのも、「女の子なのにちょっと…」と思われてしまうので、最低限のラインは守っておきたいところです。

  • 【3】異性関係で悪い噂がある

    「『誰とでも寝る』的な噂がある子を彼女にしたいとは思えないので…」(20代男性)など、恋愛がらみの悪評が流れている女性は、遊び相手としては興味を持たれても、「付き合いたい」とは思われにくいようです。不倫や二股・三股といった不誠実な恋愛経験をわざわざ自慢げに披露するのも、モテを遠ざけてしまうでしょう。

  • 【4】ファッションセンスがおかしい

    「猫背でいつもダボッとしたチュニックばっかり着てるような子は、どんなに美人でも残念フォルダに振り分けます」(20代男性)というように、いくら顔立ちがよくても、メイクや髪型、洋服などのセンスがズレていると、「イケてる女性」からは程遠くなってしまいます。自信がない人は、おしゃれな友人にアドバイスしてもらうといいでしょう。

  • 【5】すぐに人の悪口を言うなど性格が悪い

    「何にでもいちゃもんを付けたがったり、文句しか言わない子とは、一緒にいたいと思えない」(10代男性)など、かわいくても「性格ブス」の女性は、男性に好かれるどころか嫌われてしまうようです。口が悪い自覚がある人は、発言内容に気を付けるか、いっそ無口になってしまえば、すぐに彼氏ができるかもしれません。

該当するものがひとつもないという人は、信頼できる友達にこの記事を見せて、「私に当てはまるのがあったら正直に教えて!」とお願いするといいでしょう。(雪村一花)
Photo:All images by iStock