「元カレが結婚した」と聞いたときの受け止め方5パターン


かつて自分と付き合っていた男性が、別の女性と縁を得て結婚した…。こんなニュースを耳にしてしまったら、自分の気持ちをどう処理すればいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「『元カレが結婚した』と聞いたときの受け止め方」をご紹介します。

  • 【1】「へえ、そりゃめでたい」と軽く流す

    「過去の男についてあれこれ考えるのは精神衛生上よろしくない。さっと割り切るくらいでちょうどいいのでは?」(20代女性)というように、何の感情も込めずにひとまず祝福するパターンです。別れてからある程度時間が経ち、気持ちの整理がついているなら、深追いせずに表面的に処理するのが適切かもしれません。

  • 【2】「私には関係のない話!」と耳をふさぐ

    「不本意な形で別れてしまい、まだ傷が癒えていないなら、情報をシャットアウトするのが一番いいでしょうね」(10代女性)というように、自分の心を守るためには、感情に蓋をしてしまうのが得策でしょう。「結婚式には誰を呼んだのか」「相手はどんな女性か」などとあれこれ詮索したくなっても、ぐっとこらえたいところです。

  • 【3】「身近なところで手を打ったな…」と内心バカにする

    「自分と結婚すればよかったのにと思う気持ちの裏返し。相手が妥協したと思い込むことで少しは慰めになる」(20代女性)など、あえて上から目線で受け止めて、ダメージを最小限に留める人もいます。相手の女性を知っているなら、自分のほうが勝っているところを列挙するなど、何が何でも優位に立って、揺れる心を落ち着かせましょう。

  • 【4】「絶対にあいつよりもいい男と結婚しよう」と心に誓う

    「元カレが幸せになったら単純に悔しいので、あいつよりもっと幸せになってやろうというのが前に進む原動力になる」(20代女性)など、元カレの結婚をポジティブなエネルギーに変えるのもよさそうです。まだ新しい彼氏がいないなら、「キレイになっていい男をつかまえよう」と心に誓い、さっそく自分を磨きましょう。

  • 【5】「幸せになってね」と心から願う

    「未練タラタラではみじめになりそう。ショックなことに変わりないので、だったら幸せを願ってあげたほうがいい」(20代女性)など、「元カレが自分以外の女性と結婚した」という事実をありのままに受け止めて、幸福を願うケースです。しばらくは落ち込むかもしれませんが、時間という薬が解決してくれるでしょう。

自分の現況や、元カレとの別れ方によって心持ちは変わってくるはずですが、大なり小なり衝撃は受けるに違いないので、最善の対処法を選びたいものです。(猫山民子)
Photo:All images by iStock