食事デートで「この人との交際はないな」と判断した理由5パターン


いい感じで仲良くなりつつある男性から食事デートに誘われたら、楽しいひとときを過ごして距離を縮めたいもの。しかし、男性は意外なポイントから「やっぱりこの子と付き合うのはなしだな」と判断しているかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「食事デートで『この人との交際はないな』と判断した理由」をご紹介します。

  • 【1】店内をじろじろと見回すなど、値踏みする姿が下品だったから

    「粗探しするみたいにジーッと電器の傘を眺める姿にはぞっとした」(20代男性)など、お店のランクを確認するかのような振る舞いのせいで、ドン引きされるパターンです。たとえ「ちょっと不潔だな」「調度品のセンスがイマイチ…」などと思ったとしても、その場では態度に出さずに心にしまっておくのが大人のマナーでしょう。

  • 【2】店員さんにタメ口を利くなど、態度が偉そうだったから

    「普段は物腰の柔らかい人なのに、いきなり『水持ってきて』と高圧的に命令するのでびっくり」(20代男性)など、お店の人に対して上から目線で接するのも、一緒にいる人を不快な気分にさせるようです。むしろ丁寧に「○○をお願いできますか?」などと話したほうが、誰から見ても好感度が高いのではないでしょうか。

  • 【3】クチャクチャ噛む、箸遣いがおかしいなど、食事マナーが最悪だったから

    「口の中にものを入れたまましゃべるので、いろいろ飛んで汚い」(10代男性)というように、食事マナーが悪いのもまずそうです。「育ちが悪そうだな」と思われるだけでなく、生理的な嫌悪感まで抱かれてしまったら、この先、汚名返上するのはほぼ不可能になってしまうので、できれば失態を避けたいところです。

  • 【4】誰かに聞こえそうな声の大きさで「まずいよね」と言い放ったから

    「たしかに高級な店ではないかもしれないけど、まわりが楽しく食べているときに気遣いがなさすぎる」(10代男性)というように、デリカシーを欠く発言のせいで、信頼を失うケースです。食材や調理法、コストパフォーマンスなどについて、何か意見があるとしても、お店を出てから切り出すのが最低限の配慮でしょう。

  • 【5】自分で頼んだものを平然と残すことが許せなかったから

    「『大丈夫食べるから!』ってどっさり頼んでおいて全然手を付けないなんて…」(20代男性)など、「注文しておいて食べない」というのは、やはり無責任な行為に映るようです。想像以上に配膳された量が多かったのであれば、テイクアウトできないかお店の人に相談してみると、誠意が伝わるかもしれません。

自分としては悪気のない行為だとしても、相手がどうとらえるかはわからないので気を付けましょう。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock