好きな人に振られても、諦めずにもう一度だけアタックしたほうがいい理由5パターン


一度は告白してきっぱりお断りされた相手であっても、もう一度アタックしたほうがいい場合があるようです。諦めずに想いをぶつけたほうがいい理由には、どんなことが考えられるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「好きな人に振られても、諦めずにもう一度だけアタックしたほうがいい理由」をご紹介します。

  • 【1】一度目の告白で、自分のことを意識してもらっているかもしれないから

    「最初の告白で初めて顔と名前を知ってもらったレベルなら、そこがスタート地点になると考えてもいいのでは?」(10代女性)というように、一度目の告白がほぼ「自己紹介」で終わってしまったのであれば、改めて意向を聞いてみてもいいかもしれません。自分の存在を認識してくれたうえで、やはりNOという返事であれば、引き下がるしかなさそうです。

  • 【2】好きな女性に彼氏ができるなど、相手の恋愛事情が変わっている可能性があるから

    「前に振られた理由次第では、相手の状況が変わっていることも考えられそう」(10代女性)というように、前回の「お断り」の理由が「ほかに好きな人がいるから」などであれば、相手の女性との関係次第でチャンスも期待できそうです。ただし、こればかりは他力本願になってしまうので、努力次第で潮目を変えられるわけではないでしょう。

  • 【3】前回の失敗を踏まえて自分を磨けば、「合格点」に達しているかもしれないから

    「『髪が長くてスラッとしている子が好みだ』みたいな理由で振られたのなら、そういう女になって現れれば今度こそOKをもらえるかも」(10代女性)など、「相手のニーズに応えることができれば、受け入れてもらえる」と考える人もいます。とはいえ、ジャッジするのは男性側なので、過度の希望を抱いて告白に挑むと、見事に玉砕するかもしれません。

  • 【4】少し時間が経ったことで、相手の心境に変化が生まれているかもしれないから

    「前回の告白からの間に相手も年を重ねているわけで、『そろそろ彼女がほしい』と思い始めているかも…」(20代女性)など、「時の流れ」に期待をかけるパターンです。特に30歳などの節目が見えるタイミングであれば、男性も結婚を意識し始めている可能性があるので、時間を置いてもう一度だけアプローチするのは無駄ではないでしょう。

  • 【5】それだけ本気で好きなんだということが相手にしっかり伝わるから

    「真剣に好きなのであれば、一度で諦めずに一縷の望みに賭けます」(20代女性)など、少しのことではへこたれない姿勢を見せて、強い想いを伝えようとする人もいます。「友達の元カレ」や「会社の上司」など、しがらみのある関係から相手が交際を躊躇しているような場合であれば、熱意を伝え続けることで成就する芽もあるかもしれません。

どうしても諦めきれない相手なら、行動に移してみたほうが、後悔せずに済むのではないでしょうか。(猫山民子)
Photo:All images by iStock