彼女としては最高だけど、正直、結婚は考えにくい女性5パターン


それなりに交際はうまく行っているのに、彼氏がなかなかプロポーズしてくれない。やきもきしてしまうような状況だと思いますが、もしかしたら、彼氏にとってあなたが「結婚相手としてはちょっと…」と踏みとどまってしまうような女性だからなのかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「彼女としては最高だけど、正直、結婚は考えにくい女性」をご紹介します。

  • 【1】見た目はかなりの美人だが、中身が伴わない女性

    「一緒にいて、楽しく遊ぶだけなら美女がいいですが、生涯を共にするなら中身も大事」(10代男性)など、結婚相手には、それなりの知性や人格を求める男性が多いようです。容姿に自信があるにもかかわらず、彼氏になかなかプロポーズされないという人は、「容姿以外」に問題がないかどうか、じっくり考えたほうがいいかもしれません。

  • 【2】エキセントリックな魅力があるが、一緒にいると安らげない女性

    「一度くらいなら『嵐のような恋』も体験してみたいですが、結婚するのであれば、普通に安心できる相手じゃないと無理」(20代男性)というように、「ドラマチックな大恋愛」を味わわせてくれそうな女性が、必ずしも結婚相手として適任なわけではないようです。「人生を賭けた恋」に夢中になっている人ほど、少し冷静になったほうがいいでしょう。

  • 【3】人柄はすばらしいが、絶望的に片づけが苦手でゴミ屋敷に住んでいる女性

    「悪い子じゃないんです。でも、汚部屋の住人ってだけで、奥さん候補としてはパスせざるを得ませんでした」(20代男性)など、住まいをゴミ屋敷にしてしまうような女性も、「一緒に暮らす相手」としては躊躇されてしまうようです。まずその状況を脱することが先決なので、「汚部屋を克服した人」の体験記などを参考にしてみてはいかがでしょうか。

  • 【4】ワガママを言うところがかわいいけれど、とにかくお金がかかる女性

    「いい女に振り回されるのは、一時なら楽しいですが、一生となると話は別です」(20代男性)というように、「金食い虫」の女性を人生のパートナーに選ぶのは、相当の物好きだけかもしれません。その自覚がある人は、いつも彼氏が言うことを聞いてくれるからといって、それが永遠に続くわけではないことを肝に銘じたほうがいいでしょう。

  • 【5】恋多き女といえば聞こえがいいが、奔放すぎる女性

    「恋愛は自由ですけど、結婚したらさすがに落ち着いてほしい。それが無理だとわかっている女性とは、そもそも結婚しないだけのこと」(20代男性)など、良くも悪くも恋愛に関して「開放的」なタイプの女性は、「妻」には選ばれにくいようです。過去がどうであれ、これからは心を入れ替えるというのであれば、彼氏にその旨を誓いたいところです。

少しでも思い当たる節がある人は、早めに手を打ったほうがいいのではないでしょうか。(雪村一花)
Photo:All images by iStock