甘え上手な「末っ子タイプの男性」を落とすためのアプローチ5パターン


甘え上手、人に頼るのがうまいといった「末っ子タイプの男性」を好きになってしまったら、どのようなアプローチを仕掛けるのが有効なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「甘え上手な『末っ子タイプの男性』を落とすためのアプローチ」をご紹介します。

  • 【1】「困ったことがあったら言ってね」と頼れるお姉さんタイプを演じる

    「こっちが年下だとしても、『包容力のある女』として接します」(20代女性)というように、あくまで「頼れる姉御肌」として接するパターンです。普段から人に頼り慣れている男性であれば、相手の懐に入り込むようなコミュニケーションスタイルを得意とするはずなので、難なくお近づきになれるかもしれません。

  • 【2】「あなたのことをもっと知りたいの」と質問攻めにしてとにかく構う

    「末っ子タイプは受け身なはずなので、まずは情報を引き出すのが先決」(10代女性)など、基本的におっとりしている末っ子タイプの男性には、こちらからアプローチを仕掛けないと何も始まらないという意見です。どんなことに興味があるのか、何が好きなのかを把握したら、そこを突破口に攻め方を考えましょう。

  • 【3】「明日モーニングコールしてあげようか?」と隅々まで世話を焼く

    「お姉さんが複数いたりする人は、小さいころから身の回りの面倒を見てもらってそうなので」(20代女性)というように、姉などから世話を焼かれ慣れている男性なら、少々出すぎた真似をしても、すんなり受け止めてもらえそうです。痒いところに手が届くフォローで、「この人なしでは生きられない」と思われるような存在を目指しましょう。

  • 【4】「今度駅前にできたカフェに行ってみようよ」とやや強引にリードする

    「向こうから積極的に来てくれなければ、自分で引っ張っていくしかない」(20代女性)というように、相手がリードしてくれる気配がなければ、こちらが主導権を握ってしまったほうが手っ取り早いかもしれません。「女の子に仕切ってもらったほうがラク」と考える男性であれば、二人の相性はばっちりといえるでしょう。

  • 【5】「○○くんって何でもできるんだね!」とむしろ持ち上げて頼りにする

    「末っ子キャラの人って頼られる立場になったことがないから、ヨイショすれば張り切るはず」(20代女性)など、むしろ「頼りにしている」姿勢を前面に押し出すことで、男心をくすぐる手もあります。日頃から周囲の「末っ子キャラ扱い」に不満を抱いている男性であれば、この方法を取るのが正解かもしれません。

どの手を使うにしても、最初からやりすぎずに、相手の反応を見ながら作戦を組み立てていくといいでしょう。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock