鈍感男子に好意を察してもらうLINEの工夫5パターン


好きな男性が「超鈍感男」だったら、気持ちを伝えるのにも一苦労してしまうもの。とりあえずLINEで好意を小出しにするには、どんな手を使うといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「鈍感男子に好意を察してもらうLINEの工夫」をご紹介します。

  • 【1】「おーい、○○!」とLINEではいきなり下の名前で呼び捨てにする

    「いつもは苗字で『○○くん』なのに、突然名前を呼び捨てにしてドキッとさせます」(10代女性)など、「呼び方」で親近感を示すのは、王道の方法のようです。ただし、相手が上司や先輩だったり、まだそこまで近い距離感でなければ、「なれなれしくて失礼」と思われてしまうので、関係性は見極めたほうがよさそうです。

  • 【2】「月を見てたらあなたを思い出しちゃった」とロマンティックな理由で連絡する

    「普段のやりとりと様子が違うと、さすがに何か意図があるのでは…?と感じてくれるはず」(20代女性)など、やけに乙女チックな理由で連絡を取り、真意を深読みさせるパターンです。反応が鈍いようなら、「あなたも外に出て、同じ空を見上げようよ!」などとこちらのペースに乗せて、無理やりにでも感傷モードに巻き込みましょう。

  • 【3】「ねえ、今何してる?」と頻繁に様子を知りたがる

    「誰と何をしているのか探りを入れまくったら、さすがに察してくれるのでは?」(20代女性)など、相手の状況を必要以上に知りたがることで、「もしかして俺のこと好き…?」と気づかせる手もあります。とはいえ、「ごはん食べてる」「野球観てるよ」などと普通に返信が来るようでは、暖簾に腕押しなので、別の作戦を考えたほうがいいかもしれません。

  • 【4】「いつも頼りにしてるよ、ありがとう」とお礼の言葉にハートマークを添える

    「好意を示すなら、やっぱりハートマークは効果的です」(10代女性)など、どんな人にも意味が伝わるハートマークに想いを込めるのは、シンプルでわかりやすい方法でしょう。絵文字だけでなく、いかにも「LOVE」な雰囲気が漂うスタンプを上手にチョイスして、「これってどういう意味…?」と男性の動揺を誘いたいところです。

  • 【5】「おやすみ。あなたの夢が見られますように…」とけなげに恋心をほのめかす

    「鈍い人には、それっぽいことを直球で言わないと伝わらない」(20代女性)など、かなり露骨に好意を匂わせるのが、鈍感男に想いを伝える近道かもしれません。夜なら「○○くんの夢が見たいな」、朝なら「○○くんの夢を見ちゃった!」、昼間なら「○○くんとデートするのを妄想中…」などとタイミング次第で使い分けましょう。

相手の「鈍感度合い」に合わせて、複数の技を掛け合わせて使うといいでしょう。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock