既婚者に手出しされないための「鉄壁のガード」5パターン


奥さんがいるというのに、平気で女性にちょっかいを出そうとする不埒な男性は、どのようにして追い払うといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「既婚者に手出しされないための『鉄壁のガード』」をご紹介します。

  • 【1】お酌をするよう促されても断るなど、嫌なことは嫌だとはっきり言う

    「扱いやすい女だと思われたら、あちらの思う壺ですからね」(20代女性)というように、相手の言いなりにならないことで、軽々しく接近できないムードを作るパターンです。年齢差や職務上の立場を笠に着て、女性を従えようとするタイプの男性には、毅然とした態度で接するくらいがちょうどいいかもしれません。

  • 【2】「彼氏?別にいなくてもいいです」と公言するなど、一人でいることを厭わない

    「とにかく恋愛に興味がないふりをします」(10代女性)というように、一貫してそっけないそぶりを見せ続けることで、無用なちょっかいを牽制する人もいます。「またまたー。本当は寂しいんでしょ?」などとしつこく食い下がる男性には、「いいえ、まったくそんなことはありません」と取り付く島もない態度で即答してしまいましょう。

  • 【3】相手に困っているわけではないことを匂わせるなど、付け入る隙を与えない

    「『デートする相手なら何人かいますよー』とか言ってお茶を濁します(笑)」(20代女性)など、遊び相手ならすでに選び放題であるとほのめかし、気安い「新規参入」を阻む手もあります。「じゃあ俺もそこに交ぜてよ」と迫られるようなら、「奥様のいる方はダメですよー!冗談ですよね?」と、心底驚いた口ぶりで撥ね除けるのが効果的でしょう。

  • 【4】どんなに下ネタを振られても絶対に乗らないなど、エッチの話を避ける

    「下心がある男って、エッチのネタを小出しにして反応を探ってくるんで、はぐらかします」(20代女性)など、エロ話を投下して「下半身の緩さ」を試されたときは、冷たくあしらったほうがいいかもしれません。中途半端に恥じらってしまうと、むしろ相手の興味を倍増させるおそれがあるので、嫌そうな顔をのぞかせたほうがいいでしょう。

  • 【5】「不倫する人ってサイテー」とこき下ろすなど、恋愛に潔癖なキャラを印象付ける

    「コイツはどんなにちょっかいを出してもなびかないと思わせてしまいます」(20代女性)など、「不倫を毛嫌いする女性」を印象付けて、男性のスケベ心にダメ出しをする人もいます。口説かれるたびに「そんなことばっかり言ってると、○○さんの株が下がっちゃいますよー!」とニッコリ微笑み返せば、そのうち相手も諦めるのではないでしょうか。

どんなにNOを突き付けても、しつこく迫られるようなら、「○○さんったらこんなこと言うんですよ。どう思います?」と周囲に話を振るなどして、援軍を求めましょう。(猫山民子)
Photo:All images by iStock