女性からもらったLINEをわざと既読スルーする理由5パターン


LINEのメッセージに「既読」が付いているのに返事をくれない、あるいは、以前は即レスしてくれたのに、最近はリアクションが鈍いといった場合、男性側にはどんな事情があるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「女性からもらったLINEをわざと既読スルーする理由」をご紹介します。

  • 【1】暇な男だと勘違いされたくないから

    「忙しい男のほうが『デキる奴』って感じがして、かっこいいので」(20代男性)というように、多忙な男を演じるために、メッセージに目を通したにもかかわらず、いったんスルーするパターンです。日頃から「寝てない自慢」「残業自慢」などが多いタイプの男性は、よく使う手なので、あまり気にせず見守ってあげましょう。

  • 【2】わざわざ返信するような内容でもないと判断したから

    「何か質問されているわけじゃなければ、内容をちらっと見て終わりにすることもあるかも」(10代男性)というように、急いで返事をする必要はないだろうと考えて保留にしたり、そのまま忘れてしまっているケースです。もともとレスポンスがそっけない人であれば、「うっかり返信し忘れている」可能性が高いと判断してもいいかもしれません。

  • 【3】相手のペースに乗るのではなく、自分が主導権を握りたいから

    「相手のタイミングで返信を繰り返してると、まんまとペースに乗せられてしまいそう」(10代男性)など、女性にコントロールされたくなくて、わざと返信を止める人もいます。「女は一歩下がって付いてくるもの」という価値観の持ち主だと、なんでもないやりとりでもイニシアチブを握りたがる場合があるので、放っておけばいいでしょう。

  • 【4】好意を寄せてくれる相手に対して、その気がないことを示したいから

    「行間から好き好き光線がにじみ出てる子には、そういうつもりがないことを示すために、あえて既読スルーすることもある」(20代男性)というように、好意に対する「お断り」のつもりで無言を貫くパターンです。本当に好意をダダ洩れにさせているならともかく、単に相手が勘違いしている場合は、早めに誤解を解く必要がありそうです。

  • 【5】即レスして「がっついている男」だと思われたくないから

    「『コイツ光の速さでレスしてくる』と思われたらかっこ悪いから、わざと数日空ける場合もあります」(20代男性)など、「女性に構ってもらってうれしい」と思われることを避けたくて、リアクションを控える人もいるようです。この場合、「なんで既読スルーしたの?」と責めても相手を困らせてしまうだけなので、しばらくそっとしておいてあげましょう。

意中の男性が相手だと、「既読スルー」の理由がわからず、モヤモヤしてしまうものですが、たいていのケースではたいした理由があるわけではなさそうなので、気長に待つしかないでしょう。(田中健斗)
Photo:All images by iStock