出会って30分で「この人はパス」と恋愛対象外に振り分ける女性5パターン


大勢が集まるバーベキューや友人を紹介し合う食事会など、「異性との出会いの場」では、第一印象を大事にしたいもの。間違っても、「この女性はないな」とNGフォルダに振り分けられるような行いをしてはならないでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「出会って30分で『この人はパス』と恋愛対象外に振り分ける女性」をご紹介します。

  • 【1】おしゃれする気がなく、女性として魅力的であることを諦めている女性

    「あまりにくたびれた格好をしている女性には、異性の目を気にしていないだけじゃなくて、いろいろどうでもいいんだろうなと思ってしまう」(20代男性)など、身なりに気を使っていないせいで、自暴自棄に見えてしまうパターンです。センスや容姿に自信がなくても、清潔感だけは大事にすれば、最低限のラインを保てるのではないでしょうか。

  • 【2】断りもなくタバコを吸い始めるなど、デリカシーに欠ける女性

    「手で口を覆わずにくしゃみしたり、大声でギャハハハと笑うような人は一発アウトです」(20代男性)など、周囲への配慮に欠ける女性も、やはり「問題外」と見なされるようです。誰かに迷惑をかけているつもりはなくても、クチャクチャとものを食べたり、貧乏ゆすりをするといった行為は、嫌な人には耐えがたいので、気を付けたほうがいいでしょう。

  • 【3】いきなり下の名前で呼び捨てにするなど、なれなれしすぎる女性

    「初対面の相手を『おまえ』呼ばわりとか、女の子としてどうなの?と思います」(10代男性)など、出会ったばかりの人に向かってため口をきいたり、数年来の親友のように親しげに接することでドン引きされるケースです。どんなタイプの男性であっても、関係性が定まらないうちは、敬語で丁寧にしゃべるのが無難でしょう。

  • 【4】何を聞かれても無表情で、反応が薄い女性

    「聞こえるか聞こえないかくらいの声で『はい』と繰り返すだけで、仲良くなる気がないのか、なんなのか…」(20代男性)など、リアクションが薄すぎる女性は、何を考えているのかわからないため、いい印象を与えないようです。緊張しすぎてどう振る舞っていいのかわからない場合は、「実は人見知りで…すみません」と一言断りたいところです。

  • 【5】職業や年収を根掘り葉掘り探るなど、こちらのスペックにしか興味のない女性

    「ある程度親しくなってからならまだしも、出会っていきなり『どちらにお勤めですか?』って引いてしまう」(20代男性)など、相手の懐事情を探るような質問も、ぶしつけだと思われてしまうようです。違和感を与えずに会話を進めるなら、「わたしは保育士をしています。ご職業は何ですか?」と先に自分の情報を開示するとスムーズでしょう。

最初に与えてしまった「悪印象」を覆すのは容易なことではないので、気を抜かずにがんばりましょう。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock