「別れ」を考え始めた彼氏が小出しにするサイン5パターン


こちらは「順調に交際している」と思っているのに、彼氏のほうが少しでも「別れ」を考え始めているとしたら心外でしょう。いずれにせよ、彼氏の心変わりを早めに察知して、何らかの手を打つ必要はありそうです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『別れ』を考え始めた彼氏が小出しにするサイン」をご紹介します。

  • 【1】LINEを既読スルーしたり、連絡の頻度を落とす

    「彼女に対する関心が薄れていくので、自然と連絡しなくなっていきます」(10代男性)など、日ごろからマメなやりとりを心掛けてくれていた彼氏の反応が鈍くなり始めたら、危険信号かもしれません。連絡の有無だけでなく、こちらからの呼びかけに対するリアクションに不自然なものがないかどうかも注意深く観察したいところです。

  • 【2】彼女と正反対のタイプの女性を褒めまくる

    「小動物系の彼女の前で、モデル風長身美女を『いい女だねえ』と褒めてみたりとか…」(20代男性)など、すでに気持ちが冷めていることをほのめかすために、あえて対照的なタイプの女性に興味を示してみせるケースです。彼氏が自分以外の女性を不自然に持ち上げ始めたら、その場で問いただすなどして真意を探ったほうがいいでしょう。

  • 【3】遅刻やドタキャンなど、不誠実な行動を繰り返す

    「嫌われるようなことをして、彼女のほうから愛想を尽かしてくれるのを待ちます」(10代男性)など、彼女のほうから離れていくか、うんと怒らせてケンカ別れできるよう、わざと「火種」を作ろうとする男性もいます。もともと真面目なタイプの彼氏が急に約束を破るようになったら、この可能性を疑ったほうがいいかもしれません。

  • 【4】「仕事が忙しい」などと言い訳して、顔を合わせないようにする

    「無理してでも時間を作って…とは思えなくなってくるので、だんだん足が遠のきます」(20代男性)など、頭に「別れ」が過るようになると、デートの優先順位が低くなってしまうのはよくあることのようです。デートの計画を持ち掛けても、のらりくらりとかわされるようなら、彼氏に「その気がない」ことを覚悟したほうがいいでしょう。

  • 【5】誕生日などの記念日をわざと忘れる

    「毎年祝っていた『付き合って○周年記念日』を、忘れたふりしてスルーしました」(20代男性)など、それまで当然のように一緒に過ごしてきた「記念日」に何もしないというのは、強い意志があってのことかもしれません。「うっかり」の可能性もゼロではないので、こちらから指摘したときの彼氏の反応次第で見極めましょう。

もし一つでも「あれ?」と思うことがあるようなら、慎重に彼氏の様子を探ったほうがいいかもしれません。(田中健斗)
Photo:All images by iStock