この子マジで天使かも…!!女性に癒やされる瞬間5パターン


好きな男性との距離を縮めたければ、理屈じゃなくて感情に訴えるのが手っ取り早いもの。たとえば、「まるで天使みたいな子だ」と思わせてしまえば、勝利が見えたも同然でしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「この子マジで天使かも…!!女性に癒やされる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】目が合ったらにっこり微笑み返してくれたとき

    「笑みの浮かんだ目元で見つめ返されたら、『もしかして俺に気があるのでは?』と期待してしまう(苦笑)」(20代男性)など、目が合った瞬間に笑みを返してもらうと、一気に男性のテンションは上がってしまうようです。愛想よくされて気を悪くする人はいないので、相手が誰であっても、ひとまず「微笑み返す」というのは悪い習慣ではないでしょう。

  • 【2】「よしよし、えらかったねー」と褒めてくれたとき

    「女の子にヨシヨシされるとか、男にとっては夢の時間でしかない」(20代男性)など、女性に褒められるだけで、まるで包み込まれるような愛を感じてしまう男性は少なくありません。とはいえ、オバサンっぽい女性がやると、「萌え」ではなく「母のような安心感」を喚起することになってしまうので、かわいい女性限定で使える技かもしれません。

  • 【3】余計なことを何も言わずに、黙って隣にいてくれたとき

    「こっちが弱ってるときは、あれこれ口出しせずにそっとそばに寄り添ってくれると『なんてありがたいんだろう』と思います」(10代男性)など、「辛いときにそばにいてくれる女性」の存在は、男性にとってこの上ない癒やしになるようです。あれこれアドバイスしたくなっても、グッとこらえて聞き役に徹してあげましょう。

  • 【4】「大丈夫、私に任せて!」と頼みごとを引き受けてくれたとき

    「明日までに揃えなきゃならない資料のデータが足りないってときに、『オッケー、もう安心して』とヘルプに入ってくれた同僚はマジで天使でした」(20代男性)など、「困ったときの救世主」として手助けしてくれた女性に感謝の念を抱くケースです。その圧倒的な好印象が恋に変わる可能性もあるので、人に親切にしておいて損はないでしょう。

  • 【5】「あなたならきっとできるよ!」と真剣に応援してくれたとき

    「女の子の応援って男にとって百人力。小さくガッツポーズして『ファイト』なんて言ってくれたら、何があっても頑張れます」(20代男性)など、女性にエールを送られると、とたんにやる気が出るという人もいます。意中のカレが試合やテスト、プレゼンなどに挑むときには、愛らしいガッツポーズを決めて背中を押してあげましょう。

自分のキャラに応じていくつかの技を合わせて使うと効果は倍増するかもしれません。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock