「彼女になってくれたら…」と思っている女性だけに送るLINE5パターン


マメにLINEをくれる男性が、誰にでもそうしているのか、自分だけに対してそうなのか、判断に迷うことがあるのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『彼女になってくれたら…』と思っている女性だけに送るLINE」をご紹介します。

  • 【1】キレイな景色や子猫などの画像を送って気を引く

    「好きな子にはできるだけ構ってもらいたいから、きっかけを作りたくて厳選した画像を送ります」(20代男性)というように、女性が食いつきそうな一枚を送ってリアクションを待っているパターンです。この手の画像には、とりあえず「キレイな海だね」「かわいい猫だね」などと返しつつ、相手の真意を探っていくといいでしょう。

  • 【2】普段は名字で呼ぶのに、LINEでは下の名前で「○○ちゃん」と呼びかける

    「リアルでは恥ずかしくてなかなか言えないけど、心の中ではいつも下の名前で呼んでるよってことで(笑)」(10代男性)など、LINE限定で「下の名前で呼ぶ」のは一種の愛情表現なのかもしれません。いいなと思う相手であれば、こちらも下の名前で「○○くん」と返すと、何気ないやりとりであっても親密なムードは高まりそうです。

  • 【3】女の子が好きそうなかわいいスタンプを多用する

    「野郎相手とかどうでもいい女子が相手ならスタンプまで気を配らないです」(20代男性)というように、女性に気に入られたくて、使い慣れないかわいいスタンプを駆使する人もいます。その必死ぶりをほほえましく思うようなら、「そういうスタンプ使うんだー。意外!」などと触れてあげると、男性のテンションも上がるかもしれません。

  • 【4】「今何してる?」と休日の過ごし方をさりげなく探る

    「やっぱり、どこで誰と何をしているのか気になりますから…」(10代男性)など、軽い様子伺いの口調で、相手の身辺について聞き出そうとしているケースです。「探られている」と感じて不愉快なら「別にー」と返せばいいですが、デートに誘ってもらいたいような相手であれば、「暇だよ。遊ばない?」と誘ってしまうのもアリでしょう。

  • 【5】日常のちょっとしたことでも「これどう思う?」と相談に乗ってもらう

    「疑問文のLINEなら返事が期待できるし、相談の形を取れば不自然にならずに接近できます」(20代男性)というように、距離を詰めるのが目的で、相談事をでっち上げる男性も少なくありません。悪からず思う相手であれば、これを機に密なやりとりを交わすと、人柄や価値観などを知ることができるのではないでしょうか。

男性の真意がはっきりわからない場合は、しばらくやりとりを続けて様子を見るといいでしょう。(雪村一花)
Photo:All images by iStock