男性をドン引きさせる「夏デートの日焼け対策」5パターン


夏の日差しは美容の大敵。この季節、紫外線ケアに努めない女性は少数派だと思われますが、何事にも「やりすぎ」は禁物かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「男性をドン引きさせる『夏デートの日焼け対策』」をご紹介します。

  • 【1】日傘をさして登場する

    「日傘って狭いところで使われると邪魔だし、そもそもデートなのに並んで歩けない」(20代男性)など、日よけ対策としては王道アイテムの「日傘」ですが、デートに持ち込むとあまりいい顔をされないようです。本人はよくても周囲に迷惑をかけてしまうおそれがあるので、使用には十分な注意を払うか、持参を諦めるのが賢明でしょう。

  • 【2】おばさんみたいな腕カバーをはめる

    「それだけ防御すれば腕は焼けないんだろうけど、見た目的にどうなの?と思います」(20代男性)というように、半袖の季節には欠かせない「腕カバー」も、男性受けはイマイチかもしれません。手の甲まで覆うグローブタイプのものだと、「なぜ夏場に手袋を?」とますます不思議に思われてしまうので、こちらもできれば避けたほうがいいでしょう。

  • 【3】人前でも平気で日焼け止めを塗りなおす

    「すごい格好で腕とか脚にペタペタ塗り始めてびっくりした。そういうことは化粧室でやってほしい」(10代男性)など、公衆の面前で日焼け止めを塗りなおすのもまずいようです。悪いことをしているわけではありませんが、デリカシーに欠けると感じる人がいるのも事実なので、デート中であればお手洗いに立ったときに済ませたいものです。

  • 【4】つばの大きな帽子やサングラスを着用する

    「日焼けしたくないという強い意志を感じますが、おしゃれ度はどんどん下がりますよね」(20代男性)というように、つば広の帽子や大げさなサングラスは、ファッションの観点からNGを出されてしまうようです。センスよくまとめられる自信がなければ、目立つアイテムの導入は控えるのが無難かもしれません。

  • 【5】暑いのに長袖・長ズボンで肌を絶対に出さない

    「真夏の炎天下にびっちり長袖って見てるこっちまで暑苦しい気分になります」(20代男性)など、袖や裾の長さで素肌をカバーするのも考えもののようです。服装にはTPOというものがあるので、デートに限らず季節に合わない素材や形状の着衣を身に付けるのは、やりすぎるとマナー違反と映ってしまうでしょう。

日焼け対策は、できるだけさりげなく行うのがいいようです。紫外線を恐れるあまり、おかしな行動を取っていないかどうか、一度セルフチェックしたほうがいいでしょう。(雪村一花)
Photo:All images by iStock