「この子はちゃんとつかまえておこう」と結婚を前提に付き合いたくなる女性5パターン


意中の男性との距離が近づいてきたら、「とりあえずの彼女」ではなく「結婚を視野に入れた彼女」のポジションで交際を開始させたいもの。では、世の男性が結婚を前提に付き合いたくなるのは、いったいどんなタイプの女性なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『この子はちゃんとつかまえておこう』と結婚を前提に付き合いたくなる女性」をご紹介します。

  • 【1】ダメなところはダメとはっきり言ってくれる女性

    「相手にいい顔ばかりするんじゃなくて、言いにくいことも言ってくれる人といるほうが自分も成長できる」(20代男性)など、きちんとダメ出ししてくれる女性は、男性にとって得難い存在のようです。好きな人に嫌われたくなくて自分を押し殺すより、ここぞというときにしっかり意見を述べたほうが、確かな信頼を得られるのかもしれません。

  • 【2】子ども好きで、いいお母さんになる姿が想像できる女性

    「優しくて、落ち着いてて、絶対いいママになるだろうなと思うと、結婚やその先のことを想像してしまいます」(10代男性)など、すてきなお母さんになりそうなタイプの女性は、やはり男性に結婚を意識させるようです。子ども好きな女性を悪く思う男性は少ないので、あざといと思われない程度にアピールするのは有効でしょう。

  • 【3】何事もきっちりしていて、金銭管理を任せられる女性

    「パートナーとなると、お金のことが大事です。信頼してすべてを任せられる女性だと結婚しても大丈夫だなと判断します」(20代男性)など、金銭管理を任せられそうなしっかり者の女性は、伴侶に選ばれやすいようです。とはいえ、「しっかり者すぎる女性」を疎ましく思う男性もなかにはいるので、相手のタイプを見極めて賢く立ち回りましょう。

  • 【4】料理や整理整頓など、家庭的なことが得意な女性

    「自分は家事が苦手なので、掃除や料理が得意な彼女ができたら、結婚したいなと思ってしまいそう」(20代男性)など、とにかく「家庭的な人」を求めているパターンです。この手の男性の気を引くには、身の回りの世話を焼いてあげることが有効ですが、もし結婚にこぎつけたとしても、家事が一生自分の役割になることを覚悟する必要があるでしょう。

  • 【5】いつも笑顔で、一緒にいると安心できる女性

    「無理せず、楽な気持ちで一緒にいられる人じゃないと、長くは添い遂げられません」(20代男性)など、自分が自然体でいられるような相手こそ、結婚相手にふさわしいと考える人もいます。気になる男性といい雰囲気になりつつあったら、特に目的のない「ただのお散歩デート」などを企画して、「なんでもない時間の心地よさ」を実感させたいところです。

気になるカレが求めている女性像をうまく察して、理想のパートナーを目指しましょう。(田中健斗)
Photo:All images by iStock