急にLINEの反応が悪くなった男性の意外な事情5パターン


ちょっと仲良くなった男性と、いい雰囲気でLINEのやりとりを続けていたのに、ある日突然、リアクションが鈍くなったら、「どうしちゃったんだろう」と困惑してしまうもの。男性がLINEに応じなくなってしまう背景には、いったいどんな事情があるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「急にLINEの反応が悪くなった男性の意外な事情」をご紹介します。

  • 【1】いきなり連絡を途絶えさせることで、心配してもらいたかった

    「何かあったの?と思わせて、気を引きたかったんです」(10代男性)というように、自分に注目してもらいたくて、プツリと連絡を途絶えさせるパターンです。コンスタントにやり取りしていた男性が急に沈黙するようなら、好意の有無にかかわらず、「どうしたの?急病とかじゃないよね?」とひとまず気遣いの一言を送ってあげてもいいでしょう。

  • 【2】深い意味はなく、単にリアクションするのが面倒だった

    「特に用事がなくても四六時中連絡をよこす人には、ちょっと落ち着きましょうよって意味でわざと返信頻度を落とします」(20代男性)など、頻繁にやりとりしていたのに急に反応が鈍るのは、もしかしたら「ごめん、ペース速すぎ…」というメッセージなのかもしれません。相手のノリが悪いなと察したら、こちらから先に自重したいものです。

  • 【3】ほかの女性の影を匂わせて、嫉妬させたかった

    「『もしかして彼女でもできた?』とやきもきさせたいときは、あえて連絡を絶ちます」(10代男性)というように、恋の駆け引きのつもりで、わざとリアクションを控える人もいます。それまでの経緯から「もしかして好意を持ってくれているかも」と感じる相手であれば、こちらの出方を試している可能性を疑ってみてもよさそうです。

  • 【4】メッセージはちゃんと読んでいるので、返信しなくても問題ないと思っていた

    「何かコメントを求められているわけでなければ、いちいち返信しません」(20代男性)など、具体的な返事を要する用件ではないと判断しているケースです。女性と違い、たわいもない投げかけにいちいち同意したり、共感したりする習慣のない男性は多いので、たとえ反応が鈍くても、むやみに落ち込む必要はないかもしれません。

  • 【5】無理して付き合っていただけで、実はLINEでのコミュニケーションが苦手だった

    「特に用件もないのにやりとりを続けたがる感じが面倒で…」(20代男性)というように、LINEでの会話を苦痛に感じる男性も少なからずいるようです。文章を通じてコミュニケーションを図ることが不得手な人は意外に多いので、相手が無理をしている気配を察したら、強引にやりとりを続行せずに、たまの連絡で様子を見たほうがいいでしょう。

LINEの履歴から本音を見極めることが難しい場合は、相手の周囲の友達などにそれとなく探りを入れるしかないでしょう。(雪村一花)
Photo:All images by iStock