彼氏を「自分なしでは生きていけない男」に仕向ける方法5パターン


大好きな彼氏と一生添い遂げたければ、「君がいないと生きていけない」と思わせてしまうのが確実でしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「彼氏を『自分なしでは生きていけない男』に仕向ける方法」をご紹介します。

  • 【1】料理の腕を磨き、胃袋をガッチリつかむ

    「週に一度は私のオムライスを食べたがる彼氏。もう一生離れられないと思います(笑)」(20代女性)というように、手料理の味で彼氏を虜にするパターンです。何もかも上手に作れる必要はないので、彼氏の好物のなかから、どれか一品だけでも「この味じゃないとダメだ!」と思ってもらえるレベルの得意料理を身に付けたいところです。

  • 【2】掃除、洗濯など、身の回りの家事を全部やってあげる

    「お泊まりした日は、朝に靴下まで履かせてあげますよ。うんと甘やかして、一人では生きていけない人間にしてやります」(20代女性)というように、とことん世話を焼いて、彼氏の生活において必要不可欠な存在に収まる手もあります。とはいえ、もし結婚に至った場合、「家事が一切できない夫」となってしまうことは覚悟したほうがよさそうです。

  • 【3】母親や姉など、彼氏の家族のキーマンと仲良くなる

    「彼氏のお姉さんにも妹みたいにかわいがってもらってるので、このまま一生一緒にいるのが自然…みたいな感じになってます」(10代女性)など、彼氏の家族と上手に付き合って、「別れることなど考えられない」というムードに持っていく人もいます。一気に距離を詰めると判断を誤る恐れもあるので、じっくり時間をかけてキーマンを見定めましょう。

  • 【4】髪やファッションをコーディネートしてあげて、自分色のセンスに染め上げる

    「パッとしなかった彼氏をここまでプロデュースしたのは私なので、『こいつがいないと困る』とは思っているはず」(20代女性)というように、彼氏を「イケてる男」に育て上げるのも、自分の価値を高めることになるかもしれません。ただし、自信を付けた男性が「糟糠の妻」的な女性をポイ捨てするのもよくある話なので、油断は禁物でしょう。

  • 【5】彼氏が何かで悩むたびに、励ましたり、適切な助言をする

    「こんなことを言ったら刺さるな、喜ぶなというような言葉を先回りして掛けてあげます」(20代女性)など、彼氏のピンチのたびに有用な助言をして、自分のありがたみを実感させるパターンです。付き合いが深まっていけば、何を言えば響くのかもだんだんわかってくるので、上手に立ち回って気持ちをつかみたいものです。

彼氏をつなぎとめておきたい気持ちはわかりますが、どれもやりすぎると「ウザい」「あざとい」と思われてしまう危険があるので、加減は考えたほうがいいでしょう。(猫山民子)
Photo:All images by iStock