「この子とは長く付き合うことになりそう…」と予感する瞬間5パターン


念願かなって好きな人とお付き合いすることになったら、できるだけ長く一緒にいたいと思うのは当然でしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『この子とは長く付き合うことになりそう…』と予感する瞬間」をご紹介します。

  • 【1】一緒に観た映画の感想がまったく同じだったとき

    「センスが似てるって大事なことだし、運命を感じます」(10代男性)というように、ものの見方や感じ方が似ていることを知り、並々ならぬ縁を実感するパターンです。彼氏に気に入られたいからといって、無理に話を合わせる必要はありませんが、自分も同じような感想を抱いた場合は、すかさず「私もそう思う!」と調子を合わせるといいでしょう。

  • 【2】しょうもない愚痴や泣き言を最後まで黙って聞いてくれたとき

    「俺のすべてを受け入れてくれてると感じて、かけがえのない存在だな、としみじみ」(20代男性)など、弱っている彼氏を温かく見守ってあげると、自分のありがたみを実感してもらえるかもしれません。本人にも改善すべき点があると思ったとしても、余計な口出しをせずにひとまず最後まで聞いてあげたいところです。

  • 【3】目的のない外出でも楽しくて仕方がなかったとき

    「がんばってデートをセッティングしなくても楽しくてしょうがないって、すごいことだと思います」(10代男性)というように、何のお膳立てもなくても、一緒に過ごす時間を楽しめるのは、根本的にウマが合う二人だといえそうです。あてもなく散歩するような無計画なデートでも、笑顔を絶やさず雰囲気を盛り上げましょう。

  • 【4】沈黙が続いても気にならず、自然体でいられたとき

    「気を使って『何しゃべろう』とか考えなくてもいい関係だと、絶対長く続くと思う」(20代男性)など、無理にたくさん話そうとしなくても間が持つのは、すでにお互いが自分のペースでいられる証拠かもしれません。会話が途切れることに恐怖を感じてしまうタイプの人は、ぐっとこらえて静かな時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 【5】言葉で表現しなくても考えていることが伝わったとき

    「言わなくてもわかる相手には、やっぱり相性のよさを感じます」(10代男性)というように、いわゆる「以心伝心」を実感し、相手との間に絆を確信する人もいます。「今、彼氏はこう思ってるだろうな」と直感したら、さりげなく先回りして動くようにすると、「俺のことをよくわかってくれてるんだなあ」と感激してもらえるでしょう。

彼氏の心に小さな確信を植え付けていけば、やがてあなたと一緒に生きていくのが当然のこととして刻まれるでしょう。(雪村一花)
Photo:All images by iStock