ちょっと待って!好きでもない男性とのお付き合いをやめたほうがいい理由5パターン


「ちょうど彼氏もいないし、寂しいから誰かと付き合ってもいいかな」と、軽い気持ちで交際を受け入れて、あとで悔いた経験のある女性は少なくないようです。愛情のない男性とお付き合いすると、いったいどのようなデメリットに見舞われてしまうのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「ちょっと待って!好きでもない男性とのお付き合いをやめたほうがいい理由」をご紹介します。

  • 【1】相手の気持ちが重すぎて、だんだん申し訳なくなってくるから

    「自分をどんどん好きになってくれるのが伝わってきて、罪悪感が半端ない」(10代女性)など、予想外なほど相手が真剣に思ってくれて、重荷になってしまうパターンです。自分も好きになれそうな確信がないのであれば、男性に対して失礼なので、軽い気持ちで交際に踏み切るべきではないでしょう。

  • 【2】義務感だけで彼女らしいことをするのは、すぐに面倒になってしまうから

    「たいして好きでもないのに、『ラブラブですー』みたいに振る舞うのはキツイ」(10代女性)など、「彼女」としての自分の立場にしっくりこないケースです。相手が誰かにかかわらず「交際している」という状態を楽しめるならともかく、そうでないのなら、本当に好きではない人とのお付き合いはやめておいたほうがいいかもしれません。

  • 【3】キスをするときに生理的に受け付けず、辛い思いをするから

    「頭では受け入れなきゃって思っていても、体が拒絶してしまう」(20代女性)など、キスやスキンシップを本能的に拒んでしまうのもよくある話のようです。「無理な相手」との交際をがんばろうとしても、こればかりは努力で克服できることではないので、深く傷つけてしまう前に、それらしい理由をでっちあげて別れを切り出しましょう。

  • 【4】ほかに好きな人ができたときに、キレイに別れるのが大変だから

    「一応付き合っているので、そう簡単に『じゃあ次』ってわけにはいかない」(10代女性)など、ほかに好きな男性が登場した場合に、身軽に動けないことも容易に予想されます。「つなぎ」のつもりで付き合っていても、相手がそう思っているとは限らないので、修羅場を招きたくなければ、そもそも交際すべきではないでしょう。

  • 【5】どうでもいい人と付き合っている間に、本当の恋のチャンスを逃してしまうから

    「結局、ずるずると何年も付き合ってしまい、『本当に出会うべき相手はこの人じゃなかった』という思いだけが募ってゆく…」(20代女性)など、それほど大切に思えない男性に心身をささげたことを、「無駄な時間だった」と後悔する人も少なくありません。運命の人との恋を信じているなら、寄り道は極力避けるのが身のためではないでしょうか。

恋愛は「相手のあること」なので、安易な判断は危険と心得ましょう。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock