恋人直前の女性とデートしていて「やっぱりコイツはないな」と思ったセリフ5パターン


男性のほうから好意を抱かれてデートに誘われたのに、一方的に「交際はないかも」と見限られたら不本意なもの。世の男性は、どのようなことをきっかけに「この人はダメだ」と判断するのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いた意見を参考に、「恋人直前の女性とデートしていて『やっぱりコイツはないな』と思ったセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「うわー、すごいブスが歩いてる!」と道行く人をdisる

    「頭の中で考えるのはしょうがないとしても、口に出した時点で品性を疑う」(20代男性)など、やたらに毒づいてドン引きされるパターンです。辛口コメントで個性を出そうとしても、そのキャラクターで高い好感度を保つのは難しいので、まずは「普通の女の子」として自分のよさを知ってもらってはいかがでしょうか。

  • 【2】「あっ、私この人嫌い」と有名人のポスターにケチをつける

    「なんでも悪く言いたがるタイプなんだな、嫌な人だなと判断します」(10代男性)というように、口を開けば文句ばかりで相手を不快にさせるケースです。ネガティブな発言が多い人は、悪気なく欠点をあげつらったり、揚げ足を取ったりしている場合があるので、自覚のある人は失言に注意したいものです。

  • 【3】「えーっ、どっちでもいいよ。任せる」とやる気がない

    「自分から関わってくれない人と付き合っても疲れそうなので、ナシだなと」(20代男性)など、デートに臨む姿勢に積極性が見られないのも、男性を後ろ向きな気持ちにさせてしまうようです。たとえ、具体的なプランが頭に浮かばないとしても、「どうしよう、何食べようか。迷っちゃうね」とワクワクしてみせたほうがいいでしょう。

  • 【4】「つかれたー」とつまらなそうにする

    「事情はどうあれ、嘘でも楽しそうな顔をするのがデート中のマナーだと思う」(10代男性)というように、露骨につまらなそうな態度を見せてしまうと、さすがに男性もムッとするようです。とはいえ、相手にも問題があり、本当にそのデートが退屈なのであれば、「今日は体調が悪いからごめんね」と早めに切り上げることを提案してもいいかもしれません。

  • 【5】「早く帰ってテレビ観ようっと!」とデートに飽きていることを隠さない

    「下に見られていることをひしひしと感じて、見切りを付けました」(10代男性)など、張り切ってデートをセッティングしてくれた男性をないがしろにするのは、さすがに失礼というもの。もし、「この人との交際はないな」と感じているのであっても、わざわざ険悪なムードに持ち込むのではなく、自然に距離を置いたほうが後味は悪くなさそうです。

縁あってデートした男性とは、付き合うにしても付き合わないにしても、いい関係のままでいるのがお互いのためかもしれません。(雪村一花)
Photo:All images by iStock