長所だと思っていたことがむしろ欠点だった「ハズレ彼氏」5パターン


「こういうところが好きだな」と思って付き合い始めた彼氏の「素敵なポイント」が、実は「最大の短所」だったというのは意外とよくあることのようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「長所だと思っていたことがむしろ欠点だった『ハズレ彼氏』」をご紹介します。

  • 【1】誰にでも優しい彼氏

    「なんでそこまで?と思うほど、ほかの女の頼みを聞いてしまう」(10代女性)など、「誰にでも優しい彼氏」は「彼女以外の女性にも優しい男」である可能性が高そうです。ほかの女性への親切が度を越していたり、自分があまりに不当な扱いを受けていると感じた場合は、一度じっくり話し合ったほうがいいかもしれません。

  • 【2】友達が多く社交的な彼氏

    「とにかく付き合いが多すぎてぜんぜんデートしてくれない…」(10代女性)など、人脈が豊富な彼氏は、必ずしも「彼女最優先」では行動してくれないこともあるようです。顔が広い男性と付き合う場合は、「土日のどちらかはデートすること」などとあらかじめ会う頻度を約束し、しっかり守ってもらったほうがいいでしょう。

  • 【3】細かいことは気にしない豪快な彼氏

    「ゴミ出しとかのルールも守らないし、だんだん恥ずかしくなってきた」(20代女性)など、細かいことを気にしないのが美点だと思っていた彼氏が、実は「気にすべきこともスルーするだらしない男」なのも幻滅するもの。生活がルーズだったり、金遣いが荒い男性を矯正するのは困難なので、ダメだと思ったら早めに見限ったほうがよさそうです。

  • 【4】決して声を荒らげず穏便にやり過ごす彼氏

    「精神的に安定した人なのかと思ってたけど、事なかれ主義なだけだった」(20代女性)など、「絶対に怒らない彼氏」が、「何事にも逃げ腰なだけ」というのもガッカリしてしまうでしょう。同様に、こちらの意見を尊重してくれる彼氏が、実は優柔不断なだけだったり、自分の意思が希薄なだけという場合もあるので、しっかり見極めたいところです。

  • 【5】「男らしさ」を前面に押し出す彼氏

    「俺にドーンとついてこい!みたいなのが頼もしかったのに、付き合ったらただの俺様男だった」(20代女性)など、男くさい振る舞いが素敵に見えた彼氏が、冷静に考えてみると、「女性の前では偉そうにするつまらない人間だった」というのもよくある話のようです。あまりに軽んじられるようなら、そっと距離を置いたほうがいいかもしれません。

自分ではなかなか判断できないようなら、信頼できる女友達に「彼氏のこういうところ、どう思う?」と率直な意見を求めてみてはいかがでしょうか。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock