かわいくて大好きだった彼女への気持ちが氷点下まで冷めた瞬間5パターン


彼氏との交際も順調で、これからもずっと幸せな日々が続くと信じていたのに、ある日突然、「もう終わりにしよう」と通告されたら心外でしょう。世の男性は、いったいどんなタイミングで「愛情が冷めた」と感じるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「かわいくて大好きだった彼女への気持ちが氷点下まで冷めた瞬間」をご紹介します。

  • 【1】友達との電話では、別人のように言葉遣いが悪いのを聞いてしまったとき

    「天然っぽくてかわいい彼女が『おまえクソかよ。一回死んでこい』と言うのを聞いて耳を疑った」(10代男性)など、彼氏の前ではせっかく猫をかぶっていたのに、真の姿がばれてガッカリされるパターンです。裏の顔を知られたくなければ、徹底して隠し通すか、交際が深まるにつれて正体を見せていくなどしないと、いずれ破綻するでしょう。

  • 【2】立ち食い、犬食いなど、油断したときの食べ方がとんでもなく汚かったとき

    「夜中に納豆をパックから直接すする彼女を目撃してしまった…箸も使わずに!」(20代男性)など、食べる様子にはその人の品性が表れやすいので、あまりにもマナーが悪いと男性に大きな衝撃を与えてしまうようです。どうせ誰も見ていないだろうと油断せずに、いつなんどきも「キレイな食べ姿」を意識したいものです。

  • 【3】店員さんに高圧的に文句を言うなど、相手によって態度を変える姿を見たとき

    「『ハァ?もう20分も待ってるんだけど!』とファミレスの店員さんを怒鳴りつける姿に幻滅しました」(10代男性)など、弱い立場の人に向かって偉そうな態度を取ってしまい、人格を疑われるケースです。相手によって言葉遣いや言うことが変わりすぎると、人としての信頼を損ねてしまうので気を付けましょう。

  • 【4】目の前でムダ毛の処理をしたり、平気でゲップやオナラをされたとき

    「テレビを観ながら一心不乱に腋毛を抜き始めて、こいつ正気か?と思った」(20代男性)など、デリカシーに欠いた行動も、彼氏の気持ちを冷めさせてしまうようです。「親しき仲にも礼儀あり」と肝に銘じ、好きな男性の前でやっていいことと悪いことを常識的に判断したいところです。

  • 【5】男性の家に泊まりに行くなど、浮気と疑われても仕方のない行動を取られたとき

    「男の部屋で朝まで飲むとかありえない。最低限のモラルは守ってもらわないと無理です」(20代男性)など、彼氏持ちの女性として節度のない行動を取ると、さすがに呆れられてしまうようです。「このくらいなら許してくれる」と高をくくっているうちに彼氏の堪忍袋の緒が切れてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

「このくらい見逃してくれても」と思うようなことでも、どう受け取るのかは相手次第なので、適度な緊張感を持つようにしましょう。(猫山民子)
Photo:All images by iStock