「優しい男性」と付き合う意外なデメリット5パターン


交際相手の条件に「優しい男性」を挙げる人は多いでしょう。しかしいざ付き合ってみると「優しい人ゆえの問題点」が見えてくることもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「『優しい男性』と付き合う意外なデメリット」をご紹介します。

  • 【1】自分以外の女性にも優しいので、嫉妬に駆られてしまう

    「職場の若い子にべったり頼られてる姿なんかを見ちゃうと、結構キツイものがあります」(20代女性)など、誰にでも優しい男性と付き合うと、心穏やかに過ごせない日々が続いてしまうようです。彼氏にとって「親切」と「愛情」は別物だと自分に言い聞かせれば、少しは割り切れるかもしれません。

  • 【2】優しすぎて自分の意思を表示してくれないので、結局疲れる

    「『君が食べたいほうを選んでいいよ』とか、デートの行き先も食事内容も100%私任せ。たまには彼氏に決めてほしい」(20代女性)というように、いわゆる優柔不断な彼氏にもイライラしてしまいそうです。「優しい人だな」と感じたとしても、単に「決める勇気がないだけ」かもしれないので、ここは付き合う前に見極めておきたいところです。

  • 【3】何をしても優しく許してくれるので、だんだん物足りなくなる

    「どんなワガママを言っても『いいよー』とヘラヘラ聞いてくれるので、つまらなくなってきた」(10代女性)など、何でも言うことを聞いてくれる彼氏の存在を軽く感じてしまう人もいます。男性を振り回すことに快感を覚えるタイプならともかく、そうでなければ相手をリスペクトできなくなった時点で健全な交際とはいえなくなってしまうでしょう。

  • 【4】優しすぎてほかの女性の誘いを断れないのではないかと、心配になる

    「誰にでもいい顔をするところがあるので、ほかの女に誘惑されたら流れでついていってしまいそう…」(20代女性)というように、「NOと言えない彼氏」をいまいち信頼できないケースです。懸念を打ち消して信用したところで、裏切られてしまう可能性はゼロではないので、どうしても心配なら一度彼氏に釘を刺しておいたほうがよさそうです。

  • 【5】あまりに優しくされすぎると、自分がダメな人間になってしまう

    「愛されるのはうれしいんですが、このままだとどんどんスポイルされてしまう」(20代女性)など、彼氏に甘やかされるせいで自分が堕落するパターンです。何でもやってくれる彼氏には、「このままだと自立できない人間になってしまうので」と勇気を持って断ることも必要でしょう。

彼氏の「優しさ」の本質を見極め、場合によっては付き合い方を考えたほうがいいかもしれません。(雪村一花)
Photo:All images by iStock