正直、ウザい!「束縛しすぎだろ」と感じる彼女からの要求5パターン


彼氏のことが好きすぎて、自分の思うようにコントロールしたくなるのは、ある意味仕方がないかもしれません。とはいえ、度が過ぎると、彼氏に面倒な思いをさせてしまうので、加減はわきまえたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「正直、ウザい!『束縛しすぎだろ』と感じる彼女からの要求」をご紹介します。

  • 【1】「今日は何してたの?」と細かい報告を求める

    「逐一聞かれても、わざわざお知らせするようなことなんてないのに…」(20代男性)など、どこで誰と何していたのかをいちいち詰問すると、彼氏にウザがられてしまうようです。何もかも聞き出そうとするのではなく、「お昼は誰と食べたの?」などと行動をピンポイントで聞く形にすると、しつこい印象は少しは軽減するかもしれません。

  • 【2】「本当に男友達といるの?」と証拠写真を提出させる

    「飲み会のたびに友達にもからかわれて恥ずかしい」(20代男性)など、誰と会っているかを写真で確認したがると、彼氏にウザがられてしまうようです。友達の彼氏が同じようなことをさせられているシーンを想像すれば、その要求が「やりすぎ」であることは、おのずとわかるのではないでしょうか。

  • 【3】「私だって仲良くなりたいの」と男同士の飲み会に参加したがる

    「彼女がしゃしゃり出るせいで、いつもの集まりが変な空気になるし、周りとぎくしゃくし始めた」(20代男性)など、人間関係に首を突っ込みたがると、彼氏にウザがられてしまうようです。彼氏を取り巻くすべての世界を知りたいのだとしても、順を追って仲間に入れてもらうのが筋でしょう。

  • 【4】「スマホにGPSアプリを入れてほしいの」と居場所の公開を強制する

    「『そこまでする?』と絶句。支配されるみたいで怖い」(10代男性)など、行動を24時間監視しようとすると、彼氏にウザがられてしまうようです。どうしても彼氏を信じ切れずに不安になってしまうのであれば、その旨を丁寧に訴えて、解決策を一緒に考えてもらうのが先でしょう。

  • 【5】「やましいことがないならLINEの履歴を全部見せてよ!」とプライバシーを侵害する

    「やましくなくても人に見られるのは嫌です」(10代男性)など、スマホの中身を見たがると、彼氏にウザがられてしまうようです。「私のも見ていいから」「私なら見られても嫌じゃない」は、彼氏にスマホを開示させる正当な理由にはならないので、あくまで「相手がどう感じるか」を尊重したいところです。

気持ちが暴走してしまったら、ひとまず女友達に話を聞いてもらって、「彼氏にここまで要求するのは変かな?」と判断を仰ぐといいでしょう。(紺野竜平)
Photo:All images by iStock