「かわいいな」と思っていた女性への好意が一気に冷める瞬間5パターン


自分にほのかな好意を寄せてくれている男性から、「やっぱり好きじゃない。むしろ氷点下まで冷めた」などと思われてしまったら心外でしょう。このような事態を避けたければ、どんな点に注意すればいいのかを知っておきたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『かわいいな』と思っていた女性への好意が一気に冷める瞬間」をご紹介します。

  • 【1】見た目はキレイなのに言葉遣いがめちゃくちゃ汚かったとき

    「機嫌が悪いのか『このクソが!』と叫んでるのを聞いて萎えた。見た目は妖精なのに…」(10代男性)など、言葉遣いの汚さは、容姿とのギャップがあればあるほど男性に負のインパクトを与えてしまうようです。口の悪さに覚えがある人は、普段からなるべく丁寧な話し方を心掛けたいところです。

  • 【2】女友達の悪口を言っているのを聞いてしまったとき

    「いつもつるんでる女友達のことを、陰で『でもあいつなんか地味じゃね?』と言っているのを聞いてしまった…」(10代男性)というように、「友達の悪口」が他人にいい印象を与えないのは当然でしょう。むしろ、どんな人物のことも基本的には褒めるようにしておくと、周囲の男性からは「天使だ!」と思われるかもしれません。

  • 【3】びっくりするような下ネタを口にするのを耳にしたとき

    「『上のおクチも下のおクチも…』ってオッサンかよ!と思います」(20代男性)というように、あけすけな下ネタを口にするのもまずそうです。恋バナの延長で話したつもりでも、男性にはドン引きされる可能性が高いので、「ついうっかり」がないように、あらかじめ「下ネタは封印」と肝に銘じておきましょう。

  • 【4】SNSでは別人のように毒を吐きまくっているのを知ってしまったとき

    「普段はゆるふわ系なのに、インスタの裏アカでは攻撃キャラで唖然…」(10代男性)など、SNSでの「裏の顔」がバレたせいで、すっかり見られ方が変わってしまったケースです。ガス抜きのために本音をぶちまける場が欲しいのであれば、絶対にばれないアカウントを運用するか、信頼できる女友達にリアルで聞いてもらうしかなさそうです。

  • 【5】相手によって態度を変える姿を目の当たりにしたとき

    「清楚できちんとした子だと思っていたのに、カフェの店員さんを『は?バカなの?』と罵っているのを偶然見てしまい、ガッカリ」(20代男性)など、立場の弱い人の前で偉そうに振る舞う姿は、誰の目から見ても美しいものではないようです。いつどこで誰が見ているかわからないので、慎重な行動を心掛けましょう。

一度悪い印象を与えてしまったら、そこから挽回を図るのは難しいもの。普段から自分を律するようにしたほうがいいでしょう。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock