どんなに心惹かれても付き合わないほうがいい男性の特徴5パターン


「話が合う」「見た目が好み」「一緒にいると居心地がいい」など、「この人と付き合いたいな」と感じる男性には、自分だけがわかるよさがあるもの。しかし、本当に交際に踏み切っていいかどうかは、慎重に検討したほうがいいようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「どんなに心惹かれても付き合わないほうがいい男性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】ちょっとしたことを盛って話すなど、虚言癖がある

    「『昔、バンドでギターやってて、プロデビューの話もあった』と言うから、ちょっと弾いてもらったら、Fを押さえられなくて『えっ?』って…」(20代女性)など、女性の前でいい格好をしたくて話を作ってしまう男性は、要注意かもしれません。そのうち「つい調子に乗って」では済まされないトラブルを起こすおそれもあるので、交際相手としては不適格でしょう。

  • 【2】一緒にいると楽しいが、少々話がうますぎる

    「カレが言うなら『俺はトランプの親戚』みたいな話を信じてしまいそうで、だんだん怖くなってきた」(10代女性)など、口から先に生まれたような男性にも警戒したほうがいいようです。話術のある男性は、それだけで人気を集めるものですが、自分に都合の悪いことを上手に言い換えるなど、ずるい行為も懸念されます。人柄を慎重に見極める必要があるでしょう。

  • 【3】彼女がいるのに浮気した過去がある

    「超絶イケメンで、こんな人と付き合いたい!としか思えないルックスだけど、最大で6股掛けたことがあると聞いて考え直しました」(10代女性)など、一人の女性と誠実に付き合えない男性は、やはりやめておくのが無難でしょう。「愛の力でなんとかする!」と意気込んでみても、長年にわたって培われてきた性質が急に変わる可能性は低そうなので、諦めたほうがいいでしょう。

  • 【4】ギャンブル癖があったり、金銭トラブルを抱えている

    「すごくウマが合うし、楽しいけれど、お給料の半分以上をパチンコにつぎ込んでいると知って距離を置きました」(20代女性)など、金銭感覚に問題がある男性には、あまり深入りしないほうがいいようです。「実家の商売が傾いて借金を肩代わりした」など、特別な事情があるならともかく、みずからトラブルを招くような男性と交際しても明るい未来はないと割り切りましょう。

  • 【5】「セフレ」の存在を公言するなど下半身がだらしない

    「『俺、テクには自信がある』というのでよくよく聞いたら『セフレで磨いた』って…。病気とか怖いし最低です」(20代女性)など、過去や現在において「エッチするだけの女性」がいるというのは、男性としての信頼度が低いと見なしていいでしょう。目をつぶって交際しても、いつのまにか自分まで「セフレ」扱いされかねないので、やめておいたほうがよさそうです。

「恋は盲目」ともいうように、夢中になっているときは相手の短所が見えなくなってしまうこともあるので、女友達にジャッジを仰ぐのも賢い手でしょう。(猫山民子)
Photo:All images by iStock