「一途な女」と「重い女」のボーダーライン5パターン


彼氏を愛する気持ちが裏目に出て、ウザいと思われてしまったら悲しいもの。「愛するがゆえの行為」は、どのラインを超えるとNGとされるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『一途な女』と『重い女』のボーダーライン」をご紹介します。

  • 【1】残業で帰りが遅い彼氏に対して、「今夜は早く休んでね」とねぎらいの言葉を掛けるのが「一途な女」で、「どうしても会いたいの」とわがままを言うのが「重い女」

    「帰りが深夜2時でも3時でも起きて待ってる彼女は正直重荷です」(20代男性)など、会いたい気持ちを押し付けるのは「一途」というより「重い」と思われてしまうようです。彼氏のそばにいられない夜の過ごし方を、早めに見つけたいところです。

  • 【2】同窓会に参加する彼氏に対して、「初恋の人に会っても浮気しちゃだめだよ」とすねるのが「一途な女」で、「ほかの女と口を利いちゃダメ」と牽制するのが「重い女」

    「俺の周りの女性全部が敵みたいな考え方は鬱陶しい」(20代男性)など、浮気を恐れるあまり彼氏の行動を制限するのは「一途」というより「重い」と思われてしまうようです。ここは、どんなに心配でも彼氏を信じて待つのが得策でしょう。

  • 【3】忙しい彼氏に対して、「体壊さないでね」と心配するのが「一途な女」で、「仕事と私、どっちが大事?」と文句を言うのが「重い女」

    「仕事の繁忙期にプライベートでもグチグチ言われる身になってほしい」(20代男性)など、疲れている彼氏に不満をぶつけるのは「一途」というより「重い」と思われてしまうようです。相手の置かれた状況を踏まえれば、掛けるべき言葉が見えてくるのではないでしょうか。

  • 【4】浮気した彼氏に対して、「次は許さないからね」と諭すのが「一途な女」で、「なんで私じゃダメなの?」とヒステリックにわめくのが「重い女」

    「浮気をしたこっちが悪いのはわかってますが、ギャアギャア騒がれたらじゃあもうサヨナラ!となってしまう」(10代男性)など、彼氏の浮気に取り乱すのは「一途」というより「重い」と思われてしまうようです。別れるつもりがないのであれば、一度は受け止めるふりをするのが賢い選択かもしれません。

  • 【5】なかなかプロポーズしてくれない彼氏に対して、胸に秘めた思いを温め続けるのが「一途な女」で、しつこく結婚をせっつくのが「重い女」

    「『ちゃんと将来のこと考えてるの?』と詰め寄られるたびにその気がなくなる…」(20代男性)など、やたらと結婚を迫るのは「一途」というより「重い」と思われてしまうようです。彼氏がなかなか重い腰を上げないようなら、直接攻め込むよりも、家族や友人など周囲を巻き込んで外堀を固めたほうが早い場合もあるでしょう。

「彼氏なら受け止めてくれる」という甘えがあって少々やりすぎてしまうのかもしれませんが、いつかダムが決壊する可能性もあります。自制しましょう。(紺野竜平)
Photo:All images by iStock