「いい年をしてイタい」と感じる女性の特徴5パターン


小さな子どもや思春期まっただなかならともかく、そこそこ大人になっても年相応の態度が伴わないと、周囲に違和感を与えてしまうのは当然でしょう。では、どんな女性が「イタい」と見なされてしまうのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『いい年をしてイタい』と感じる女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】自分のことを「私」ではなく「下の名前」で呼ぶ

    「自分のことを名前で呼んでいいのは幼稚園児まで。わざわざ『〇〇はね…』と言う女は、あざといのか、ちょっと足りないのか…と感じます」(10代男性)など、一人称=自分の名前のせいで、イタいと思われてしまうパターンです。どんな男性にも評価されたいのであれば、「私」と呼ぶのが無難でしょう。

  • 【2】年齢やTPOをわきまえない服を着る

    「服装自由の会社とはいえ、へそ出しとか太もも丸出しみたいな服はさすがに引きます」(20代男性)など、場にそぐわないファッションのせいで、イタいと思われてしまうパターンです。自分では似合っていると思っていても、状況や年齢から「不適切」とジャッジされる可能性を常に念頭に置きたいところです。

  • 【3】過去の恋愛遍歴をやたら人に話したがる

    「恋多き女を気取ってるんだろうけど、元カレ話を熱心に聞かされても興味ないし…」(20代男性)など、やたら過去の恋愛を語りたがるせいでイタいと思われてしまうパターンです。恋バナは、本人にとっては重大でも、他人にとってはどうでもいいネタであることが多いので、話すなら相手を選びましょう。

  • 【4】ネットに謎のポエムを書き散らす

    「頭の中で考えるのは自由だけど、不特定多数に発信する思慮の浅さが無理」(20代男性)など、中二病的な文章をネット空間にまき散らすせいでイタいと思われてしまうパターンです。あふれる思いを形に残したいのであれば、まずは匿名のアカウントで投稿するか、完全にクローズドなSNSに書き込むのが得策でしょう。

  • 【5】「私、〇〇な人だから」と自分で考えたキャラ設定に固執する

    「その人がどんな人かを規定するのは周囲の人間であって、自分から名乗るものではない」(20代男性)など、みずからキャラ設定をごり押しするせいでイタいと思われてしまうパターンです。たいていの場合、その「〇〇」は的外れであることが多いので、なるべく自分を客観視する癖をつけたいものです。

自分がイタいのか、それともセーフなのか、判断に迷う場合は、周囲で一番辛辣な女友達に確認してみるといいかもしれません。(紺野竜平)
Photo:All images by iStock