「高収入で将来有望なイケメン」が最終的に選ぶ女性5パターン


「容姿端麗」で「頭脳明晰」で「出世頭」など、天が二物も三物も与えたとしか思えないようなハイスペックな男性は、当然ですがモテるもの。近寄ってくる大勢の女性の中から、彼らがパートナーに選ぶのは、結局どんな相手なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『高収入で将来有望なイケメン』が最終的に選ぶ女性」をご紹介します。

  • 【1】仕事に理解を示し、どんなときも支えてくれる女性

    「『仕事と私、どっちが大事?』みたいなことを言い出す人だと困ると思うので…」(20代男性)など、パートナーの社会的成功のためならバックアップを惜しまない女性を選ぶという意見です。この手の男性は、女性にアドバイスされることを好まないので、仕事の愚痴が始まったら、余計な口を挟まず聞き役に徹するといいでしょう。

  • 【2】「料理上手」「子ども好き」など、家庭をしっかり守ってくれそうな女性

    「外で頑張るのが男の役割なら、家を守るのが女性の仕事。出世する男性ほど家庭的な女性を選ぶんじゃないでしょうか」(20代男性)など、家庭内で役割分担ができる女性を選ぶという意見です。「昭和の家庭」を理想に掲げる男性を狙うなら、手作り弁当などでベタな料理上手アピールをすると、案外効くかもしれません。

  • 【3】経済的にも精神的にも自立していて、対等に向き合える女性

    「それなりのポジションにいる人は、パートナーにも同等の能力を求めるのでは?」(20代男性)など、自分と同じくらい「できる」女性を選ぶという意見です。「できる」といっても、男勝りなキャラでは恋愛対象になりにくいので、女性らしい柔らかさも兼ね備えておく必要があるでしょう。

  • 【4】「美人」「業界の有名人」など、連れて歩くと自慢できる女性

    「そんなにすごい男なら、誰もが振り向くような美女を横に置いておくのが当たり前では?」(10代男性)など、いわゆる「トロフィーワイフ」的な女性を選ぶという意見です。容姿やスペックに自信のある人は、まわりくどいアプローチなどせずに、自分の魅力を武器に真っ向から勝負してみてもいいでしょう。

  • 【5】平凡で特に目立った個性もないけれど、一緒にいて安らげる女性

    「長く一緒にいられるかどうかは、波長が合う・合わないにかかっていると思います」(20代男性)など、相性がいい女性を選ぶという意見です。こればかりは、努力でどうにかなるものではないので、意中の男性がどんな状況を心地よいと感じるのかをじっくり探るしかないでしょう。

男性が家庭的なタイプを望むのか、それともキャリアウーマンタイプを好むのかなどは、普段の会話から垣間見えるので、冷静に観察するといいでしょう。(紺野竜平)
Photo:All images by iStock