なかなか「結婚しよう」と言ってくれない彼氏の本音5パターン


付き合いもだいぶ長くなるのに、彼氏が結婚の「け」の字も匂わせてくれないと、女性としては焦ってしまうもの。プロポーズを躊躇する男性たちは、いったいどんなことを考えているのでしょうか。そこで今回は、20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「なかなか『結婚しよう』と言ってくれない彼氏の本音」をご紹介します。

  • 【1】(もう少し独身のまま自由でいたい…)

    「結婚したら家事分担を迫られそうだし、土日も好きなことをして過ごせなくなりそう」(20代男性)というように、気ままな独身生活を手放したくないパターンです。この手の男性は、周囲が結婚しだすとムードに飲まれて気が変わる可能性が高いので、焦らず機が熟すのを待ちたいところです。

  • 【2】(おまえはかわいいけど、結婚向きの女じゃない…)

    「いまの彼女は料理もできないし、まったく家庭的じゃないので奥さんとしてはナシ」(20代男性)というように、あなたの「妻」としての資質を疑問視しているパターンです。やればできるところを見せたいのであれば、料理教室に通うなどして「いい奥さんになれるアピール」を頑張りましょう。

  • 【3】(結納とか挙式とか、面倒そうだから先送りしたい…)

    「友達から結婚準備の話を聞いたら、ものすごく大変そうだったので…」(20代男性)というように、いざ「結婚」となると乗り越えなければならない壁が大きすぎて気後れしているパターンです。結婚イベントに壮大な夢を抱いているわけでなければ、「無理のない範囲でやろうよ」とこちらから提案してもいいでしょう。

  • 【4】(自分の収入じゃ家庭を持つなんて無理だよ…)

    「非正規雇用ですし、この先のことも不安すぎて、結婚なんて考えられない」(20代男性)というように、経済力に自信がなく、結婚に踏み切れないパターンです。結婚生活にお金が必要なのは事実ですが、自分も家計に貢献することを約束して、現在の貯蓄額などを開示すると、少しは前向きに考えてもらえるかもしれません。

  • 【5】(もしかして、これからもっといい女に出会えるかもしれない…)

    「彼女が本当に運命の人なのか、結ばれるべき相手なのか、確信が持てません」(20代男性)というように、ほかに出会いがあることを心のどこかで期待しているパターンです。彼氏があまりに煮え切らない様子なら、どこかの時点で見切りをつけて「次」へ行くのも賢い選択ではないでしょうか。

直接問いただしてものらりくらりとかわされるようなら、彼氏の友達を通じて本音を探るのも手かもしれません。(猫山民子)
Photo:All images by iStock