「都合のいい不倫相手」として既婚者に狙われやすい女性の特徴5パターン


どういうわけか「既婚者に声を掛けられやすい女性」というものは、一定数存在するようです。彼女たちが「不倫相手候補」に選ばれてしまうのは、いったいなぜなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『都合のいい不倫相手』として既婚者に狙われやすい女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】誘われたら嫌とは言えないなど、「押しに弱い」

    「仕事でも何でも、断れない女性はズルい男に狙われやすいのでは?」(20代男性)など、押しに弱いせいで既婚者に狙われてしまうパターンです。おとなしそうな見た目の人は、ターゲットにされやすいので、嫌な予感がしたら「声を張ってハキハキ喋る」「Yes、Noをきっぱり言う」などして予防線を張りましょう。

  • 【2】男性がいないと生きていけないと公言するなど、「極度の寂しがり屋」

    「男に寄りかかるタイプの女の子は、都合よく遊ばれやすいかも」(10代男性)など、常に男性がいないとダメなタイプのせいで、既婚者に狙われてしまうパターンです。「彼氏が欲しい」「ひとり身はさみしい」といった発言は、下心たっぷりの男性を引き寄せてしまうので、たとえ本音でも控えたほうがよさそうです。

  • 【3】恋愛すると身も心も男性に捧げてしまうなど、「自己犠牲の精神が強い」

    「自分のことは二の次で男に尽くしてしまう女の人は、実りのなさそうな恋愛でも受け入れてしまうのでは?」(20代男性)など、献身的な恋愛をするせいで、既婚者に狙われてしまうパターンです。「世話焼き」の自覚がある人は、それをよからぬ男性に利用されないように、日ごろから警戒心を抱いたほうがいいでしょう。

  • 【4】下ネタにもノリノリで参加するなど、「エッチが好きそう」

    「元カレとのエッチとかをあけすけに喋る女は、好き者って感じで狙われるんじゃないですか?」(20代男性)など、誰が見ても「緩そう」なせいで、既婚者に狙われてしまうパターンです。むやみに露出度が高い服を着たり、ボディタッチを多用する女性も「簡単に落とせそう」と安く見られてしまうので、程度をわきまえたいところです。

  • 【5】既婚者との交際経験をベラベラ明かすなど、「不倫へのハードルが低い」

    「実際に不倫したことがあるって子は『じゃあOKなんだ』って見なされて当然」(20代男性)など、かつての不倫経験が知られているせいで、既婚者に狙われてしまうパターンです。「あいつは平気で不倫する女だ」とレッテルを貼られてしまうと、何もいいことがないので、過去の恋のネタは封印するのが鉄則でしょう。

自分では真剣に恋をしているつもりでも、相手が既婚者である時点で対等な交際とは言えません。いいように遊ばれたくなければ、悪い男の甘言に乗らないだけでなく、普段からガードを固くしておきたいものです。(紺野竜平)
Photo:All images by iStock