か、かわいい…!!寒い日に胸キュンしてしまう女の子の仕草5パターン


外に出るのがおっくうになるほど寒い日は、誰でも憂鬱になってしまうもの。しかし「寒い日だからこそ見られる女性の仕草」に注目している男性は少なくないようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「か、かわいい…!!寒い日に胸キュンしてしまう女の子の仕草」をご紹介します。

  • 【1】マフラーに口元を埋めてブルブル震える

    「顔の下半分までマフラーをぐるぐる巻きつける感じ、わかりますよね?」(10代男性)というように、マフラーでなんとか防寒しようとする健気な姿は、男性をたまらない気持ちにさせるようです。もこもこ感が愛らしさを引き立てるので、ふんわりした素材のマフラーを身に付けるといいでしょう。

  • 【2】両手の袖をギュッと伸ばして手袋代わりにする

    「女の子が袖を伸ばして縮こまってるのって、なんかいいですよね」(10代男性)というように、「萌え袖」状態で寒さをこらえる様子も、好ましく思われているようです。ただし、袖の部分がベロンと変形してしまうとみっともないので、やりすぎには注意しましょう。

  • 【3】カイロをモミモミしながら「寒すぎるー!」とじたばたする

    「カイロを用意しているちゃっかり感がかわいい」(10代男性)というように、カイロを持参してもなお寒さに耐えきれずにいる瞬間を見て、ハッとする男性もいます。同じカイロでも、背中や腰に貼り付けた時点で一気にオバさん臭くなってしまうので、「貼るタイプ」ではないものを選びたいところです。

  • 【4】手を口に当ててふうふう息を吹きかける

    「その場しのぎの寒さ対策にしかならないのに、必死なところがいい」(20代男性)というように、冷え切った手を自分の息で温める仕草に釘付けになるパターンです。小動物っぽさがポイントになるので、ガサツに息をビュウビュウ出すのではなく、背中を丸めて内股気味に立ち、静かに呼吸するといいでしょう。

  • 【5】耳を真っ赤にしてひたすら寒さに耐えまくる

    「耳まで赤くして、幼い子どもみたい。守ってあげたくなります」(20代男性)というように、寒さのなかで見せる「素」の部分に、心を奪われる人もいます。「なんでこんなに寒いの?」と大声で文句を言ったりすると台無しになってしまうので、小さな声で「ほんとに寒いよう…」とささやくくらいにしておきましょう。

「冷え」が大敵の女性にとって寒さは辛いものですが、状況を逆手にとって、男性の視線を集めたいものです。(田中健斗)
Photo:All images by iStock