鍋パーティーで「女子力低っ」と引かれる行動9パターン


鍋パーティーは、ちょっとした調理や取り分けなどで女子力のあるところを見せつけて、気になる男性に自分をアピールするのにうってつけの場です。だからこそ、気の利かない振る舞いをすると目につきやすく、マイナスポイントにもなりかねないので、注意が必要でしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「鍋パーティーで『女子力低っ』と引かれる行動」をご紹介します。

  • 【1】断りもなく直箸で鍋をつつく

    「『今日は直箸でいいよね?』って話になる前にガンガンつつかれると引きます」(20代男性)というように、箸を直接鍋に突っ込む姿を「ガサツだな」と見る男性は少なくないようです。自分は気にしないタイプでも、他人の身になって考えましょう。

  • 【2】火の通り具合を考えず具材を一気に鍋に放り込む

    「料理できないのが丸わかり…」(20代男性)というように、簡単なようですが、具材を鍋に入れる順には、日頃の料理の勘が物を言うようです。誰がやってもいい作業でもあるので、自信がなければ手を出さず、皿やつけダレの準備などに徹しましょう。

  • 【3】一度つかんだ具材を「煮えてない!」と鍋に戻す

    「実家じゃないんだから…と言いたい」(10代男性)というように、あまりにも無礼講な振る舞いをすると、男性から呆れられてしまうかもしれません。キャラ次第で笑える行動でもありますが、マナー違反であることには変わりないので、うっかり「素」が出ないよう気をつけましょう。

  • 【4】鍋の中をぐちゃぐちゃとかき回す

    「ぐちゃぐちゃにされると気持ち悪くなる」(20代男性)というように、他人の食欲を萎えさせるという点で、鍋を豪快にかき回す行為は致命的と言えそうです。ほしい具材を探す姿は特にみっともないので、より好みせず、自分に近いところでさっと取れるものを食べるのが賢明でしょう。

  • 【5】いい加減な灰汁の取り方をする

    「細かすぎるのも困るけど、雑すぎるのも困る(苦笑)」(20代男性)というように、あまりに雑な灰汁の取り方をすると、「もっとちゃんとやって!」と突っ込まれてしまうようです。味に関わる部分なので、自分のためにも丁寧な仕事をしましょう。

  • 【6】全体のバランスを見ず自分の好きな具材だけを食べる

    「大人なんだから計算しようよ、と言いたい」(20代男性)というように、他人のことを考えずに好きな具材を食べ進めると、まわりをハラハラさせてしまうかもしれません。特に高級食材だった場合、しこりが残ることもあるので、「一人頭いくつか」をおおまかに数えましょう。

  • 【7】取り皿の縁に具材がはみ出るような取り分けをする

    「女の子なんだからもうちょっと気を使ってほしい」(10代男性)というように、せっかく取り分けを買って出ても、汚い盛り付け方では逆に不評を買ってしまうようです。クタッとした野菜は縁にはみ出やすいので、皿を手渡す前にチェックしましょう。

  • 【8】他人の意見を聞かず自分好みの味付けにする

    「勝手に辛くされて食べられなくなったことがある」(20代男性)というように、味の好みは人それぞれなので、どんなに自分が正しいと思っても強要しないほうがよさそうです。ただし、「実はこの薬味が合う」などの情報は、親密度アップに一役買うでしょう。

  • 【9】すべて他人任せで食べる役に徹する

    「さすがに何か手伝えよ、と思う」(20代男性)というように、まったく何の手伝いもしないと、多方面から不満が噴出しそうです。準備でも取り分けでも灰汁取りでも構わないので、鍋パーティーでは何かしらの役割を負わなければならないと肝に銘じましょう。

他人のことを考えない自分勝手な振る舞いやガサツな行動が、男性陣に引かれるNG行動と言えそうです。感じがいい人の振る舞いを真似ていると、自然と身につくのではないでしょうか。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock