「アラ、いい子じゃない」初対面の彼ママに好かれる言動9パターン


彼と将来を約束する関係になるためには、避けては通れない「彼ママ」という壁。ここではやはり第一印象が肝心なので、特に初対面では「彼ママ世代」の女性に好かれるためのツボを押しておきたいところです。そこで今回は、世の女性の声をもとに「『アラ、いい子じゃない』初対面の彼ママに好かれる言動」をご紹介いたします。

  • 【1】有名店で購入したお土産を持参する

    「いいものだと伝える嫌味のないプレゼンも重要です」(30代女性)というように、お家に訪問するさいは、気の利いたお土産が欠かせないもののようです。変にこだわったレアなものより、多くの人が知っているベタな有名店の品を用意したほうがウケるでしょう。

  • 【2】色味を抑えたファッションで上品にまとめる

    「お義母さんが派手好きじゃないなら、地味すぎるくらいでいいと思います」(20代女性)というように、目一杯オシャレをするよりも、品の良さを意識したほうがよさそうです。迷ったときは、自分の母親や彼ママと同年代の人に意見を聞くといいかもしれません。

  • 【3】愛嬌のある笑顔を見せながら丁寧にあいさつをする

    「いいところを見せようとするより、ニコニコしておくことが大事」(30代女性)というように、できるだけ笑顔で過ごすとよさそうです。「彼ママを好きになれそう」と自分に暗示をかけて、一生懸命明るい表情で過ごすようにしてはいかがでしょうか。

  • 【4】会話の主導権を握らず、あくまで彼を立てる

    「自己アピールは控えめにして、聞き役に徹するのがいいと思います」(30代女性)というように、好感度アップを狙うなら、しゃしゃり出るのはやめたほうがよさそうです。彼と彼ママの話に適度に相槌を打ちながら、共感の気持ちを表しましょう。

  • 【5】彼の活躍ぶりなどを話し、尊敬の気持ちを表現する

    「息子のことを褒められて、誇らしい気持ちになったと後で彼に聞きました」(20代女性)というように、彼へのリスペクトを、彼ママの前で表現するのも、好かれるために効果的なようです。彼の素敵なエピソードをいくつか用意しておくといいかもしれません。

  • 【6】部屋のインテリアや出てきた料理など、とにかく彼ママを褒めちぎる

    「褒められていい気分にならない人はいないはずなので」(30代女性)というように、とにかく彼ママのいいところを見つけることも大事かもしれません。身なりはもちろん、整理整頓された室内や、インテリアのセンスなども褒めちぎりましょう。

  • 【7】箸の使い方など、食事のマナーに注意する

    「ゴハンをご馳走になったとき、じっと見られている気がしたので」(20代女性)というように、もちろん食事をするときも、気を抜くことは許されません。ただし、マナーばかり気にしすぎて、料理を褒めることを忘れないようにしたいものです。

  • 【8】何を言われても否定せず、「そうですねー」と話を合わせる

    「年が離れているし、価値観が違うのは当然。その場では、彼ママに合わせていくべきだと思います」(30代女性)というように、自分の考えと違うことがあっても反論しないのが吉。自分の意見を述べることよりも、信頼関係を築くのが先と言えるでしょう。

  • 【9】彼ママの大切にしているペットを手なずける

    「19歳の猫が私に懐いてきて、その場の空気が変わりました」(20代女性)というように、彼の家のペットに好かれると、それだけで「いい人」認定されることもあります。彼から情報を集めておいて、ペット用のお土産を持っていくのもありかもしれません。

訪問前に彼から彼ママの情報をたくさん引き出しておくと、しっかりと準備してのぞむことができそうです。不安な点などは、自分の母親など年上の女性にアドバイスをもらうようにしてはいかがでしょうか。(外山武史)
Photo:All images by iStock