「おちょくってるの?」と男性を怒らせる告白メール9パターン


気になる男性へメールで好意を伝えようとしただけなのに、「からかってるの?」と勘違いされたことがある人もいるでしょう。では、男性はどのようなメールが女性から送られてくると、「なんなのコイツ!?」と思うのでしょうか。『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「『おちょくってるの?』と男性を怒らせる告白メール9パターン」をご紹介します。

  • 【1】初めて会ったその日の好意を伝えるメール

    「会って間もないのに、どこを好きになったのか疑問」(20代男性)と、本当に好きだと思っているのか疑われてしまうようです。たとえひと目ぼれをしても、その日にすぐ思いを伝えるより、少し様子見をしたほうが男性は本気だと思ってくれるでしょう。

  • 【2】派手なデコレーション入りの真剣さが感じられないメール

    「動いていたり、キラキラと飾りつけされていても心に響かない」(10代男性)と、男性にはただのうっとうしいメールとして印象づけられるようです。派手なメールを送るよりも、直接告白したほうが男性の心には響くでしょう。

  • 【3】文字の色が黒色ではなくて、読みづらい赤色などに変えられたメール

    「文字の色を変える必要性はないと思う」(20代男性)というように、文字の色を変えただけでほかのメールと差がつくことはないようです。読みにくいメールでは、むしろ悪印象を与えかねないので、普段のメールから文字の色を変えるのは避けたほうがいいかもしれません。

  • 【4】文字よりも明らかに多くの絵文字が使われているメール

    「たくさんの絵文字が使われているとウンザリするので、流し見してしまう」(10代男性)と、「好き」という気持ちが、男性にはまったく伝わっていないパターンです。絵文字で感情を表現するよりも、直接会って告白するほうが「好き」度は男性に伝わるでしょう。

  • 【5】「ぁぃぅぇぉゃゅょ」の小文字が多用されているメール

    「告白に流行り文字はいらない」(20代男性)というように、見慣れない流行り文字のメールを見て、不愉快になる男性も多いようです。小文字言葉をわざわざ使う必要もないので、用件は何であれ、男性に送るメールには使わないほうが無難です。

  • 【6】「(笑)」が使われているメール

    「『(笑)』があると、文面を読まなくてもジョークの内容だと思ってしまう」(30代男性)と、どんな文面でも冗談っぽい印象になるようです。男性に好意を伝えたいのなら、照れくさくても文面に「(笑)」と書いてごまかさずに、ストレートに伝える勇気を持ちましょう。

  • 【7】「好きになったんだけど、どうすればいい?」と問い詰めるようなメール

    「『どうすればいい?』と聞かれても、『さぁ…』としか答えられない」(20代男性)というように、問い詰められることに対し、男性はかなり困惑するようです。好意を伝えるときは、変に遠まわしな言い方を避け、きちんと「彼女にしてください」などと答えやすい言葉をチョイスしましょう。

  • 【8】「私のこと好きだったんでしょ?」と上から目線のメール

    「『何様?』と思う。普通にありえない」(20代男性)と、上から目線の告白に、男性は怒り心頭の様子です。男性が自分に好意を持ってくれているとわかっていたとしても、お互いの気持ちを確認する場面では、「もしよかったらつき合ってください」と下手に出るような謙虚さが必要でしょう。

  • 【9】「私、○○くんのこと好きなんだ。代わりに伝えといてくれる?」という内容の第三者を介したメール

    「告白する気あるの?って思う。他人から言われても意味ないでしょ」(10代男性)と、まじめに取り合ってもらえないようです。第三者を挟んだメールでの告白はなかなか本気度が伝わらないもの。自信が持てなくても、自分から直接気持ちを伝えたほうがいいでしょう。

ほかにも、好意を伝えたつもりだったのに、「おちょくってるの?」と男性を怒らせてしまったメールがあれば、教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock