「なに勝ち誇ってるのよ…」とウンザリした自慢女の言動9パターン


女性として自信を持つのは素敵なことですが、表現の仕方を間違えると、ウザいだけの「自慢女」だと思われてしまうようです。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者の声を参考に、「『なに勝ち誇ってるのよ…』とウンザリした自慢女の言動」をご紹介します。

  • 【1】「声かけてくるのはイケてない男ばっかりで…」と迷惑そうにする

    「何を贅沢言ってるの?」(20代女性)というように、アプローチしてくる男性を安く見積もる発言は、周囲をイラッとさせるようです。「でも、声かけられるだけでも感謝しないと…」と一言添えるなど、謙虚さを感じさせれば、不快に思われないかもしれません。

  • 【2】「ゴメン、今日デートなのー」と大きな声で友達の誘いを断る

    「『私はアンタたち暇人と違う』ってアピールだよね?」(10代女性)というように、恋人との約束があるからといって、誇らしげに友人の誘いを断るのも反感を買いそうです。自慢したくても「ゴメン、先約があって」などと、デートの予定を伏せて断るのがベターでしょう。

  • 【3】「恋人がいないってどんな気持ち?」と彼氏が途切れないことをアピールする

    「最高の嫌味だよね」(20代女性)というように、たとえフリーの女性に対する純粋な疑問だとしても、「自分にはいつも恋人がいる」と自慢しているように受け止められてしまうケースです。「尻軽女」とレッテルを貼られる恐れもあるので、恋人募集中の人を刺激するのは控えましょう。

  • 【4】「やっぱり私がいないとダメなの」と自分の存在を過大評価する

    「そんな話、聞きたくないんだけど…」(20代女性)というように、自分が恋人に与えている影響を声高に語っても、周囲を困らせてしまいます。二人の関係を詳細に報告したければ、身内や親友など相手を選んだほうがいいでしょう。

  • 【5】「最近の男はカワイイって簡単に言い過ぎ」とそれとなく男ウケを語る

    「ホントは嬉しいんでしょう?」(10代女性)というように、男性批判に見せかけた自慢も、聞き手をイラッとさせるようです。それなら、「カワイイって言ってもらえた!」と明るく報告したほうが可愛げがあって好感度が高そうです。

  • 【6】「童顔、童顔って言われても…」と若く見えることを迷惑そうにこぼす

    「全然、嫌そうじゃないんですけど」(20代女性)というように、コンプレックスとみせかけてチャームポイントをアピールするパターンです。幼い顔立ちが事実だとしても、過剰に触れないのはもちろん、「年相応だよ」というフォローが入ったときに、ガッカリ顔を見せないようにしましょう。

  • 【7】「すぐ告白される。軽く見られてる証拠だよね」と自虐風にモテエピソードを明かす

    「素直に喜びなよ…」(10代女性)というように、屈折したモテ自慢が周囲をウンザリさせることもあります。そもそも告白されたことを触れ回ったりしない、誠実な女性のほうが、本当の意味で「素敵だ」と思われることを肝に銘じましょう。

  • 【8】「男ってなんでみんなジロジロ見るんだろうね?」と男性の視線を過剰に意識する

    「自分が男の人を見てるからじゃないの?」(20代女性)というように、「いつも見られている」と困り顔をするのも、疎まれてしまうようです。むしろ「自分が見ているから目が合う」、もしくは「見られても仕方がない服装をしている」などの理由も考えられるので、自戒が必要かもしれません。

  • 【9】「女のひがみって醜い」と上から目線で女友達をこき下ろす

    「いやいや誰も思ってないし。被害妄想でしょ」(20代女性)というように、「ひがまれるほどモテる私」を語るのは、周囲を敵に回すだけのようです。「普通の人は他人をひがむほど暇ではない」と思っておいたほうがいいでしょう。

自虐風だったり、見下し風の自慢だったりと、遠回しな言い方が余計に周囲をイラッとさせるようです。どうしても自慢したいことは、「こんな嬉しいことがあって…」と直球で伝えたほうがいいのかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock