「かわいいのにオバサンっぽい!」と男性を萎えさせる女性9パターン


男性は本能的にオバサンっぽい女性には色気を感じにくいと聞きます。老けてみられないためには、一体どうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、独身男性の生の声を参考に「『かわいいのにオバサンっぽい!』と男性を萎えさせる女性」をご紹介します。

  • 【1】「てへぺろ!」など流行遅れの言葉をいまだに使っている

    「アラサーの『つらたん』とか、なんか痛い」(20代男性)というように、微妙に古い流行語をいまだに使い続けるという、少しズレた感覚がオバサンっぽいようです。出遅れていることに気付かずブームに乗っかろうとしたり、意味がわからない言葉を使ったりするのは控えましょう。

  • 【2】服を着込みすぎてシルエットが丸い

    「うちのオカンも冬になるとモコモコになるので…」(20代男性)というように、寒いからといって、温かさ重視でやたらと着込むのもセクシーさとはほど遠い印象を与えるでしょう。薄くて温かい衣類や貼るカイロなどを駆使して、スラッとしたシルエットを保ちたいところです。

  • 【3】長い階段を上るとき「ゼェ、ゼェ…」と息があがる

    「運動不足でしょ。いつもエスカレーターを使ってるんだろうね」(30代男性)というように、階段や坂道などで息を切らす女の子に萎えている男性もいます。駅のエスカレーターを使わない、1、2階の移動は階段を使うなど、なるべく歩く習慣をつくりましょう。

  • 【4】姿勢が悪く、歩き方がドタドタしている

    「猫背で前かがみだと、一気に老けて見える」(20代男性)というように、見た目が若々しくても、姿勢や歩き方が悪いと台無しになってしまうようです。思い当たるフシがある方は、インターネットなどで自分に合った歩き方を調べてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】ゲラゲラ笑いながら隣にいる人の体をたたく

    「親戚のオバちゃんもよくやるから、それと被る」(30代男性)というように、爆笑しながら肩をたたくのは、典型的なオバさん行動です。せめて、ポンとやさしく触れる程度にしたほうがいいかもしれません。

  • 【6】相手が年下だと分かったとたん先輩風をふかせる

    「なぜか後輩の子の苗字で呼び捨て。『朝倉ー!』みたいな」(20代男性)というように、年下に対する態度で、お局様的な印象を与えてしまうことも。世話焼きで、アドバイスを求められたときなどに、すぐ自分に置き換えて話をする人は注意が必要です。

  • 【7】やたらと手荷物が多く、お財布がポイントカードだらけで膨れている

    「とにかく余計なものをたくさん持っているイメージ。それで助かることもあるんだろうけど」(20代男性)というように、身軽さに欠けるのもオバサンの特徴。思い切って小さなカバンや財布を使うと決めると、荷物を最小限に減らせるかもしれません。

  • 【8】足がラクだからと職場でサンダルに履き替える

    「気持ちは分かるけど、サンダルやスリッパには萌えない」(30代男性)というように、見た目よりも快適さを求めるところに色気のなさを感じるようです。ただし、同じサンダルでも、機能性と見た目のよさを両立させたものを選ぶようにすれば、印象が違うでしょう。

  • 【9】ブームが去った古臭い髪型やメイクをずっと続けている

    「リップの色が変だったり、眉毛が細すぎたりすると目立つ」(20代男性)というように、時代に合わないメイクは、男性にも違和感を与えるようです。自分が一番モテていたころのメイクを続けている人は、同年代の女性と自分を見比べてみるといいかもしれません。

言葉づかいや身なりへの気づかい、姿勢や体力など、男性はいろんな視点から、女性をオバサン認定しているようです。若さや可愛らしさを保つのは大変かもしれませんが、せめてオバサンの特徴には当てはまらないようにしましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock