初対面で「だらしない子かも?」と疑ってしまう女子の特徴9パターン


男女関係において、「初対面の印象」はその後の付き合いに大きな影響を及ぼすもの。女性の細かい部分をチェックしている男性は意外と多いので、気をつけておきたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「初対面で『だらしない子かも?』と疑ってしまう女子の特徴」をご紹介します。

  • 【1】時間にルーズで遅れてきても謝らない

    「待たせておいてヘラヘラした態度だと、何事にもユルい考え方なんだろうなと思う」(20代男性)というように、「遅刻」はそれだけで人としての評価を下げてしまう行為のようです。常に時間厳守を心がけ、やむをえず遅れる場合は早めに連絡を入れましょう。

  • 【2】髪の毛がボサボサだったり、「プリン」を放置している

    「髪の手入れができていない子って、不潔っぽい」(10代男性)というように、頭頂部の状態は、背の高い男性にとって見下ろす形になるだけに、目に付きやすいポイントのようです。自分では気づかないこともあるので、マメに鏡でチェックしましょう。

  • 【3】化粧は入念にしているのに、洋服にはシワが寄っている

    「メイクの腕はすごくても、アイロンがけは苦手なんだな、と(苦笑)」(20代男性)というように、いくら顔面を取り繕っても、そのほかの部分に隙があると、ズボラな生活態度がバレてしまうかもしれません。脱いだ服をすぐにハンガーに掛けるだけでも服の状態はマシに見えるので、できることから始めてみましょう。

  • 【4】レシートやポイントカードで財布がパンパンに膨らんでいる

    「きっと部屋も汚いんだろうなと想像してしまう」(20代男性)というように、財布の中身がグチャグチャだと、「片付けができない女子」であるとの疑惑を深める場合があるようです。財布やバッグは帰宅したらその都度整理して、不要なものは処分する癖をつけてはいかがでしょうか。

  • 【5】爪が汚らしく伸びていたり、ネイルアートが剥げている

    「キレイに保てないなら、何もせずに切りそろえられているほうがいい」(20代男性)というように、取れかかったマニキュアなどが放置された爪は悪目立ちしてしまうようです。手先は何かと視線が行く場所なので、油断せずに手入れをしましょう。

  • 【6】まだ親しくないのに 、仕事や彼氏の愚痴をぶちまける

    「口が軽くて、ガサツな性格っぽく見える」(10代男性)というように、会っていきなり立ち入った話をするのは、人として信頼がおけないと思われてしまう行動のようです。初対面では当たり障りのない会話を楽しむ程度にしておくほうが、賢明なのではないでしょうか。

  • 【7】クチャクチャと音を立てるなど、食事のマナーが悪い

    「どんなに美人でも下品に感じる」(20代男性)というように、「クチャラー」に代表される食べ方の汚さは、女性としての品性を著しく下げてしまう可能性があります。無自覚なことが多いので、友達や家族に一度確認してみるといいかもしれません。

  • 【8】汗や皮脂で化粧が崩れている

    「肌がベタベタしていたり、目の周りが真っ黒だとガッカリ…」(10代男性)というように、せっかくのメイクも崩れてしまうと、むしろマイナスの印象しか与えないようです。濃すぎるアイメイクを好まない男性もいるので、万人受けを狙うならナチュラルメイクが無難でしょう。

  • 【9】眼鏡やスマホがありえないほど指紋で汚れている

    「そんなに汚れていて気にならないことが不思議でならない…」(10代男性)というように、レンズや画面の汚れを生理的に受け付けない男性もいます。特にスマホは汚れていると雑菌の温床になりやすいので、定期的に専用のクロスなどで拭くとよいでしょう。

何か一つでもだらしない部分が見えると、女性としての魅力を感じられないという男性は多そうです。「まぁ、いっか」とつい気が緩んでしまうことも、誰かに見られている可能性を意識したほうがいいでしょう。(山下陽子/Office Ti+)
Photo:All images by iStock