自分だけ特別扱いなのがうれしい!女性からの「旅土産」9パターン


職場や学校などで配る旅の土産物。気になる男性への品は、ほかの人にあげるものとはちょっと差をつけたいところです。では、どんなアイテムを選ぶと「俺だけいいものをもらってる?」と気づいてもらえるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「自分だけ特別扱いなのがうれしい!女性からの『旅土産』」をご紹介します。

  • 【1】ほかの人には個包装のお菓子なのに、自分にだけは「老舗の銘菓」

    「箱から一人ひとりにサブレーを配っていた子が、俺にだけ箱ごと最中をくれてビックリ!」(20代男性)というように、全国的に有名な箱入りの和菓子などを贈ると、周囲との差別化が図れるでしょう。クオリティに敏感な男性にはとりわけ歓迎されそうです。

  • 【2】ほかの人には温泉饅頭なのに、自分にだけは「入浴剤」

    「同じ温泉土産でも、一味違いますよね」(20代男性)など、その場で食べて「おしまい」ではなく、家に持ち帰って使うのが楽しみなものを贈ると、ささやかなスペシャル感を演出できそうです。「仕事の疲れがとれますように」と一言添えれば、真心が伝わるでしょう。

  • 【3】ほかの人にはご当地スナックなのに、自分にだけは「酒に合う珍味」

    「俺だけ『たこ焼き味の○○』じゃなくてグレードの高さを感じた(笑)」(20代男性)というように、お酒が好きな男性には、つまみになりそうなものが喜ばれるようです。「朝市で売ってておいしそうだったから」などと説明を加えれば、ありがたみも増すでしょう。

  • 【4】ほかの人にはティーバックのお茶なのに、自分にだけは「Tシャツ」

    「明らかに自分だけ扱いが違うことがわかりました(笑)」(10代男性)など、単価の違いであからさまに差をつける手もあります。ただし、Tシャツの柄には好みもあるので、なるべく無難なデザインのものを選んだほうが良いかもしれません。

  • 【5】ほかの人にはマグネットなのに、自分にだけは「有名な神社のお守り」

    「『縁結び』で知られている神社のだったのでドキッとしました」(20代男性)というように、特別な意味のあるものを贈って好意をほのめかすパターンです。車での外回りが多い営業職の男性には、交通安全のお守りもありがたがられるでしょう。

  • 【6】ほかの人にはクッキーなのに、自分にだけは「行列ができるご当地スイーツ」

    「わざわざ並んで買ってくれたんだなーと…」(10代男性)など、話題性の高いものを選ぶと、流行に敏感な男性には、手に入れるための労力を察してもらえそうです。疎い人には、入手困難であった旨をさりげなく言い添えましょう。

  • 【7】ほかの人には耳かきなのに、自分にだけは「オシャレな伝統工芸品」

    「伝統の製法で焼かれたコーヒーカップ。ティータイムが楽しみになりました」(20代男性)というように、職人の丁寧な手仕事による逸品は、長く大事に使ってもらえるようです。相手の好きなテイストをしっかり把握してこれぞという品を選びましょう。

  • 【8】ほかの人にはふりかけなのに、自分にだけは「地ビール」

    「ビール好きなのを知ってて選んでくれたかと思うと!」(20代男性)など、個人的な嗜好を踏まえたチョイスも、相手に並々ならぬ関心があることを如実に伝えるようです。地ビールは瓶入りであることが多いので、割れないように包装して渡したほうがいいでしょう。

  • 【9】ほかの人にはキーホルダーなのに、自分にだけは「さりげなくペアなストラップ」

    「後日、その子も同じキーホルダーをカバンにつけててピンときた」(10代男性)というように、こっそりお揃いのアイテムを渡して、秘めた思いを伝えるケースです。とはいえ、多少は脈がある相手でないと、迷惑がられることもあるので、見極めが必要でしょう。

全員に同じように配っているようでいて、実は一人だけ違う品を手渡すのは、なかなか高度な技。周囲に気づかれないような、さりげない渡し方を心がけましょう。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock