「こんな風に叱られたい」と男をもだえさせるツンデレ説教9パターン


世の中には女性から怒られることでゾクゾクしてしまうという男性も少なくないようです。どんな叱り方なら、この手の男性のテンションを上げてあげられるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『こんな風に叱られたい』と男をもだえさせるツンデレ説教」をご紹介します。

  • 【1】期待値が高いことをほのめかす「あなたの本気はその程度なの?」

    「よっしゃ、頑張ろうって気になります」(20代男性)というように、「今のままじゃまだまだ」と焚きつけることで、男性を発奮させる作戦です。「あなたはデキる子のはずでしょ?」などとダメ押ししてどんどん煽ってあげましょう。

  • 【2】もっと積極的になっていいのよと促す「いつ私を誘ってくれるの?」

    「それならと、その場で押し倒したくなりました(笑)」(20代男性)など、なかなか手を出してこない男性には、色っぽい挑発を仕掛けてもいいかもしれません。とはいえ、あまりに下品な言い方だと、単にビッチな印象を与えてしまうので、ニュアンスは工夫したほうが良さそうです。

  • 【3】Sっぽさ全開で突き放す「諦めたらそれで終わりだよ」

    「『なにくそー!』って気になりますね」(10代男性)というように、中途半端に共感するよりも、冷たく見放すことで奮起を促す手もあります。ただし、落ち込んでいる男性には逆効果になりかねないので、相手の様子をよく観察したほうが良いでしょう。

  • 【4】ずっと待っていたことが伝わる「遅い!待ちくたびれちゃったじゃない」

    「ツンツンしている中にけなげさが覗いて、キュンときました」(20代男性)など、あくまでも叱るというスタンスは崩さずに、女の子っぽさを全開するテクも喜ばれそうです。「罰として今日はおごりだぞ」などと畳みかけてみても良いかもしれません。

  • 【5】男子の闘争心を掻き立てる「この程度で私を満足させられると思う?」

    「もっと厳しい言葉で責めてもらいたくなります(笑)」(20代男性)というように、女王様キャラでグイグイ攻められるのがたまらない男性もいるようです。自分のキャラを見極めたうえで、チャレンジしてみるのも良いでしょう。

  • 【6】面倒見の良さをアピールする「そんなこともできないの?ちょっと貸してごらん」

    「こんがらがった紐をほどこうとしていたら奪われ、あっという間に解いてくれました(笑)」(20代男性)など、罵りながらも手助けしてくれる「姉御肌」な女性にグッとくる男性は少なくないようです。プライドの高い男性には通じにくいので、相手を見てから実践しましょう。

  • 【7】オトナ同士の付き合いをしたいことを暗示する「まだまだ子どもね」

    「『じゃあ、どういうのがオトナなんですか?』と教えを乞いたくなります」(10代男性)というように、相手を子ども扱いすることで、自分の大人っぽさを強調する戦略です。年上の男性は避けて、同い年か年下の男性に試してみると良いかもしれません。

  • 【8】深い愛情を根底に感じさせる「まったくもう、あんたはホントにダメね」

    「絶対に見放されることはないという安心感をおぼえます」(20代男性)など、呆れた口調の中に愛おしさを滲ませて、気持ちを引き寄せる方法です。冷たい口調とは裏腹に、頭をポンポンしてあげることで、言外の本音が伝わるでしょう。

  • 【9】今後の恋の展開を期待させる「手を握るだけなの?いくじなし」

    「もっと先に進んで良いんだと、勇気づけられました」(10代男性)というように、一見、disっているようなレトリックを使って、もう一歩踏み出すよう背中を押すパターンです。うまくかみ合えば、これを機に二人の仲がグンと進展するかもしれません。

いくら「女性に叱られたい」と思っていても、ガチでガミガミと説教されると、男性は興ざめなようです。「ツン」と「デレ」が程良い加減で混ざった絶妙な「お説教」を研究してみましょう。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock