急ぎじゃないけど即レスがほしい場合の「LINEの小技」9パターン


意中の人にLINEを送ったら、即レスを期待してしまうのがオトメ心というもの。特に急ぎの用ではない場合、どんな工夫をすれば「これは返信しとこう」と思ってもらえるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「急ぎじゃないけど即レスがほしい場合の『LINEの小技』」をご紹介します。

  • 【1】「今日すごい楽しかったよね!」と同意を求めながら感想を送る

    「『そうだね!』とか一言で返せる内容だと、即レスしやすい」(10代男性)というように、相手が反射的に返信できるよう、言い回しを工夫する方法です。「どうだった?」などの漠然とした質問だと相手に時間を取らせてしまうので、共感を促す形がベターでしょう。

  • 【2】「なんとなく送ってみた」と突っ込みどころ満載のスタンプを貼る

    「なぜいきなり三国志スタンプ?と真意を確かめずにいられなかった!」(20代男性)というように、意外性のあるスタンプを送りつけて、返信を誘うのもよさそうです。「あはは、何してた?」などと何事もなかったかのように続けると、スムーズに雑談に持ち込めそうです。

  • 【3】「ステージ100に突入!」とゲームの進み具合を自慢する

    「アイテムを見せびらかされたら『!』ってなりますよね」(10代男性)というように、同じゲームで遊んでいるなら、その話題を向けると関心を引けそうです。負けず嫌いの相手には、わざと自分の遅れをぼやいて攻略のコツなどを尋ねると、上機嫌で返信してもらえるかもしれません。

  • 【4】「このあとどうなると思う?」とドラマ放送直後に話題を振る

    「好きなドラマを観たあとは誰かと話したくなるから、LINEが来たらすぐ返します!」(10代男性)というように、人気番組については、何か言いたくなるのが人情のようです。念のため詳細を伏せて切り出せば、「ネタバレ禁止!」と怒られずに済むでしょう。

  • 【5】「それでこの前の話だけど…」といきなり前回の続きから入る

    「いきなり?と思ったけど、むしろ会話がスイスイ進んでよかった」(20代男性)というように、内容によっては、前置きなしのほうがすんなりいきそうです。タイミングが悪いと「あとで」と保留にされそうですが、とりあえず反応はもらえるでしょう。

  • 【6】「例の件、了解です!」とわざと間違いLINEを送信する

    「『宛先違うよ』と指摘してあげて、そこから1時間もやりとりしてしまった」(20代男性)というように、間違えたフリで、トークに引き込む手もあります。最初の間違いLINEが急ぎの用件でなければ、悠長に話し続けても不自然に思われないでしょう。

  • 【7】「遅くにごめん…今、少しいい?」とあえて深夜に呼びかける

    「非常事態っぽい雰囲気が伝わってきて、すぐ返事しました」(20代男性)というように、非常識ともいえる時間に送ると、真剣に取り合ってもらえそうです。「そんなことで!?」とムッとされないよう、それなりに大事な話を用意しておきましょう。

  • 【8】「相談したいことがあるんだけど…」と相手を頼ってみせる

    「困ってる女性を無視できる男は、そうはいないと思いますよ」(20代男性)というように、女性から頼りにされて、邪険にする男性は少なそうです。後日、結果報告を兼ねてきちんとお礼を述べれば、「すぐ返信してよかった!」と思ってもらえるでしょう。

  • 【9】「あなたのことがなぜか気になって…」と好意をほのめかす

    「『急に話したくなった』と届いて、もしや俺のことを…と嬉しくなり即レス」(20代男性)というように、こちらの想いを匂わせる内容で、相手を引きつける方法です。普段の他愛ないやりとりとは違う意味深な一言で、ドキッとさせてしまいましょう。

相手が黙っていられなくなるような内容だと、即レスしてもらえるようです。楽しいやりとりが続くよう、返信の返信も気を抜かないようにしましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock