「幼なじみの彼氏」との交際が意外とうまくいく理由9パターン


あまりにも身近過ぎて、異性として意識できないことも多い「幼なじみ」という存在。しかしあらためて付き合ってみると、ほかの男性にはないメリットを実感できるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『幼なじみの彼氏』との交際が意外とうまくいく理由」をご紹介します。

  • 【1】お互いの「地雷」を知っているので平和に過ごせる

    「童顔とマザコンに触れなきゃ大丈夫」(20代女性)というように、怒りのツボを知っていれば、お互いにケンカを回避できるようです。反対に相手を怒らせることも容易なので、言い争いになってしまったら、わざと地雷を踏みにいかないようにしましょう。

  • 【2】恋愛感情抜きで考えたときも、「人として魅力的なところ」を言える

    「不器用だけど頑張り屋さんなので、長い目で見れば見込みのある男だと思ってます」(20代女性)というように、一緒に育ってきた幼なじみの視点で「いいところ」を知っていれば、「惚れた腫れた」とは違う次元で相手を深く愛せるようです。浮ついた恋愛を卒業したければ、身近な男性の人間性に注目してみてはいかがでしょうか。

  • 【3】素性がはっきりしているので「裏切り」「詐欺」などの心配がない

    「元カレに二股されて以来、男性不信だったけれど、彼だけは信用できました」(20代女性)というように、お互いの両親まで知っている間柄なら、騙されたり、利用されたりする危険は少なそうです。悲惨な恋愛に傷ついた人こそ、幼なじみに目を向けるといいかもしれません。

  • 【4】嫌われることを恐れずに、許されるギリギリのところまでワガママを言える

    「遠慮をしなくてもいいので楽です(笑)」(10代女性)というように、幼なじみが相手だと、肩ひじ張らずに交際を楽しめるようです。とはいえ、ズケズケと言い過ぎないよう、「親しき仲にも礼儀あり」の精神は忘れないようにしましょう。

  • 【5】メールやLINEが多少減ってもまったく焦らなくてすむ

    「連絡がなくても、どーんと構えていられます(笑)」(20代女性)というように、すでに関係ができているだけに、少々連絡がないくらいで気に病む必要がないのも楽かもしれません。だからといって、油断しすぎて彼氏を放置しすぎないようにしましょう。

  • 【6】二人でいるとき無言になっても居心地の悪さを感じない

    「二人でボーッとしている時間も間が持つのがいいですね」(10代女性)というように、もとより気心の知れた仲であれば、不意に沈黙が訪れても気まずさを感じることはなさそうです。とはいえ、「空気のような存在」になりすぎるのも危険なので、常に相手を気遣うことは忘れないようにしましょう。

  • 【7】「両親への紹介」のハードルがないに等しい

    「家が近所で、幼稚園も一緒に通っていたので…」(20代女性)というように、カップルにとっての一大イベントである「両親への紹介」も、すでに済んでしまっている場合が多いようです。ただし、「嫁候補」となると相手の親の見る目は変わるので、気を抜かないようにしましょう。

  • 【8】少女マンガに出てくるようなロマンチックさを感じる

    「いざ付き合ってみると、こうなる運命だったのかなと思います」(20代女性)というように、幼なじみとの恋愛には、「深い縁」が感じられるため、アニメやマンガのヒロインのような気分を味わえるかもしれません。恋の神様の導きで出会えたのだと信じれば、ありがたみが増すかもしれません。

  • 【9】ただの幼なじみだったころは知らなかったギャップにドキドキできる

    「私よりチビだった幼なじみの『男』の部分が見えたとき、やばいです」(20代女性)というように、恋人になってから新たな魅力を発見できるのも醍醐味のようです。その気持ちは相手も同じなので、恋人にしか見せない素顔を見せてあげましょう。

いざ付き合ってしまえば、幼なじみとの恋愛はいいことばかりのようです。なあなあの関係にならないように気を引き締めれば、素敵なカップルになれるのではないでしょうか。(外山武史)
Photo:All images by iStock