「裏がありそう」と女子からのデートの誘いを警戒した瞬間9パターン


男性を普通にデートに誘っているつもりでも、状況によっては、「なんだか怪しい…」と受け止められてしまうことがあるようです。では、どんな誘い方をするとあらぬ疑いを掛けられてしまうのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『裏がありそう』と女子からのデートの誘いを警戒した瞬間」をご紹介します。

  • 【1】非モテの自分に対して、やたらと積極的だったとき

    「僕を本気にさせて、女子たちで面白がるんじゃないかと警戒してしまう」(10代男性)というように、自分に自信がない男性は、素直にデートの誘いを受け入れられないことがあるようです。ウブな男性は、グイグイ押すより時間をかけて距離を縮めていったほうがいいのかもしれません。

  • 【2】クリスマスなど、カップルイベント直前のタイミングだったとき

    「プレゼントが狙いなのかなって思います」(20代男性)というように、誘う時期によっては、モノ狙いのお誘いだと勘違いされることもあるようです。誤解を生みたくなければ、プレゼントを連想させるイベントとは時期をずらしたほうがいいでしょう。

  • 【3】本人の誕生日が目前に控えているとき

    「一人で過ごしたくないとか、何かほしいとか、そういうことかもしれないと疑いますね」(20代男性)というように、自分の誕生日直前に突然声を掛けるのも、何か魂胆がありそうだと勘ぐられる危険があります。「もうすぐ誕生日」なのが偶然だとしたら、なるべくそのことには触れないほうがよさそうです。

  • 【4】自分を誘うくせに「ほかの男の影」が感じられたとき

    「部活の先輩といちゃついてるのとか見ちゃったんで、自分に対しては本気じゃないと感じてしまった」(10代男性)というように、何か理由があって「本命は別のところにいるのでは」と思われてしまうパターンです。気になる男性に誤解されたくなければ、ただの男友達とでも二人きりになるのは避けたほうがいいでしょう。

  • 【5】上目づかいであからさまにブリブリしながら誘われたとき

    「男なんて簡単に落とせると思っていそう」(20代男性)というように、わざとらしい「ぶりっ子」を目の当たりにして、「騙されないぞ!」とガードを固くするケースです。用心深そうな男性を誘うときは、かわいさよりも、真剣さを前面に押し出してはいかがでしょうか。

  • 【6】学校や職場の近くなど、知り合いに見られそうな場所を行き先に指定されたとき

    「元彼か誰かへの当てつけとか…?」(20代男性)というように、わざわざ人に見つかりそうなところに誘われると、デート以外の狙いがあるのではと嫌疑を掛けられることもあります。知人に会う可能性がある場所は外したほうがいいかもしれません。

  • 【7】「夢について話そ」などデートの目的が普通じゃなさそうなとき

    「マルチ商法の勧誘がそんな感じって聞いたことがあるので」(20代男性)というように、深い意味なく使った言葉のせいで、「何かの詐欺?」などと怪しまれてしまうこともあるようです。特に「夢」や「仲間」などのキーワードは「何かの勧誘?」と思われるおそれがあるので避けたほうがいいでしょう。

  • 【8】「紹介したい人がいる」と人に会わせようとしてきたとき

    「何のために紹介してくれるのか、意味不明で怖いです」(20代男性)というように、誰かと引き合わせることをデートの目的にするのも、男性の猜疑心を煽ってしまいます。二人で会おうというときは、他人を絡めないほうがいいかもしれません。

  • 【9】顔見知り程度の仲なのにいきなりデートに誘われたとき

    「挨拶程度しかしたことないので、保険か何かの勧誘かも、と思いました」(20代男性)というように、ほとんど会話を交わしたことがない相手に誘われると、どうしても不信感を抱いてしまうようです。せめてLINE友達になっておくなど、先に関係を温めておきましょう。

女性慣れしていない男性を誘うときは、事前に警戒心を解いておくことが大事なようです。最初はランチデートからもいいかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock